PS5コントローラー修理の出し方!オンライン申し込みは簡単で進行状況が分かりやすい!

ゲーム機コントローラー こども用品

PS5のコントローラーをオンラインで申し込んで修理に出してみました。

コントローラーのボタンの不具合で「×ボタンが反応しない」、「勝手に画面が右に動いていく」という状況でした。

もしかしたら壊れていないかもと、いろいろ対処法を試しましたが改善せずで、、、

これはもう壊れているなとササッと出してみましたが、意外と簡単です。

修理へ出してからも、状況が分かるので安心できました。

PS5はメーカー保証が1年ですので、その期間内であれば無料で修理ができます。

その場合、以下が必要となります。

・保証書(お買い上げ日と店舗印の記入があるもの)
・お買い上げ日、販売店名、製品名が入った購入証明書(レシートなど。原本に限る)

ここでは、PS5のコントローラーのオンライン修理申し込みの方法、発送の際の注意点、修理日数はどれくらいか、修理に出す前にしてみたことを書いていきます。

PS5のコントローラーが壊れてお困りの方に、少しでも参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク

オンライン修理申し込みの方法

PS5のコントローラーのオンライン修理受付では下記の入力や確認が必要です。

  1. メールアドレスを入力
  2. 了承・注意事項の確認
  3. お客様情報入力
  4. 修理品選択
  5. 症状入力
  6. 見積り・配送方法
  7. 受付完了

まず、プレイステーション修理受付サービスへアクセス。

下の方にスクロールしていくと、オンライン修理受付が出てくるので、「PS5の修理を申し込む」をクリック。

ps5オンライン修理受付サービス

1.メールアドレスを入力

メールアドレスを入力して、「送信」をクリックします。

PS5 修理 メールアドレス入力

届いたメールに記載のURLへアクセスして申し込みします。

PS5 オンライン修理受付 メール内容

2.了承・注意事項の確認

PS5 修理受付フォーム 了承・注意事項確認

了承・注意事項の確認があります。チェックを入れていきます。

3.お客様情報入力

PS5修理受付 お客様情報入力

お客様情報では以下3点を入力します。

・名前
・電話番号
・住所

すべて入力したら「次へ」をクリックします。

4.修理品選択

修理品の選択をしていきます。以下の様に選べばOKです。

・playStation5
・周辺辺機器
・ワイヤレスコントローラーDualSense

PS5 修理品選択

3ヶ所選択したら「次へ」をクリック。

5.症状入力

PS5 修理 症状入力

症状入力では、コントローラーのボタンがおかしかったので、「ボタン操作関連」にチェックをいれました。

症状についてはできるだけ詳しく書きます。必須項目以外は入れなくても問題ありません。

・症状詳細(必須)
・不具合の頻度(必須)
・使用ソフト
・発生場面
・エラーコードまたはエラーメッセージ
・故障診断番号

PS5修理 症状入力

6.見積り・配送方法

見積りについては、以下のような案内がありますので読むだけでOKです。

料金が発生する場合はメールにて見積もりのご連絡をします

次に配送方法の選択をします。

PS5 修理 見積配送


 配送方法は以下2択です。

 ・送付(コンビニ・郵便局・営業所など)
 ・引き取り(クロネコヤマト)

今回私は、出かける予定があったのでその際にコンビニに寄って出そうと「送付」を選択しました。

チェックを入れたら「次へ」をクリックします。

7.受付完了

PS5 オンライン修理受付完了画面

最終確認画面になるので、入力した内容に間違いがないか確認します。

最後にクリックして受付完了です。(商品の発送先は住んでいる場所により異なります。)

スポンサーリンク

受付番号がメールアドレスに届く

受付完了後に以下2通のメールが届きます。

・SIEJA オンライン修理受付サービスからのお知らせ【送付方法案内】
・SIEJA オンライン受付サービスからのお知らせ【受付番号案内】

送付方法案内はすぐに届きますが、【受付番号案内】は少し遅れて届きます。

発送の際の注意点を確認する

【送付方法案内】のメールでURLリンクから送付方法を確認します。

PS5 修理受付完了メール

・梱包の注意点
・修理品と一緒に送るもの
・梱包方法

梱包の注意点

梱包の注意点は、PlayStation®延長保証サービスの対象となる周辺機器を送る場合は、箱に保証書欄があれば必ず本体箱に入れて送付、コントローラーのみの故障の場合はコントローラーのみ送付するという内容でした。

修理品と一緒に送るもの

修理品:コントローラー

①以下を紙に書いたもの(5.以降は分からなければ空欄)

 1.名前
 2.住所
 3.電話番号
 4.オンライン修理受付番号(受付完了後にお送りするメールに記載された8桁の数字)
 5.PlayStation®延長保証サービス加入番号(サービスに加入している場合)
 6.故障診断番号(故障診断を実施した場合)
 7.宅配ボックス希望の有無(ご希望の場合は記載してください。ただし料金が発生する場合は宅配ボックスへはお届けできません。)

②保証期間内であれば保証書か購入証明書かレシートを同梱する
(保証書・購入証明書・レシートは返却されます)

・保証書(お買い上げ日と店舗印の記入があるもの)
・お買い上げ日、販売店名、製品名が入った購入証明書(レシートなど。原本に限る)

梱包方法

外箱がある場合とない場合の梱包方法が書かれています。

よく読んでから梱包されるのをおすすめいたします。

今回、外箱がない場合で発送しましたので下で書いていきます。

梱包の際には、防水の為に袋に入れるのと緩衝材で包むのを忘れないようにします。

コントローラーを袋に入れてから、プチプチで包みました。

PS5 コントローラー 梱包

箱に緩衝材を入れてその上にコントローラーを乗せ、さらに緩衝材を乗せました。(箱はリサイクル品でも問題ありません。)

一番上に、必要事項を書いた紙とレシートを入れた封筒を置いて梱包しました。

PS5 コントローラー 梱包

着払いで発送する

PS5コントローラー 梱包完了

今回、「送付」を選んだので、近くのコンビニから発送しました。

着払い伝票をもらって送り先を書きます。

送り先はオンライン修理受付完了時に届くメールの【送付方法案内】に書かれています。住んでいる場所によって送り先が異なるので注意してください。

送り状に電話番号を記入する必要はありません。

クロネコヤマトが引き取りの場合は、
メールアドレスに記載の送付先へ送る(住所により異なる)

修理日数はどれくらいだったか

コントローラーの修理(交換)にかかった日数はどれくらいだったかといいますと、12日かかりました。

発送した日:10/30
到着した日:11/10

PS5本体および周辺機器の修理依頼が殺到しているとの事で、サイトには2週間かかる場合があると書いてあったのですが、気持ち早く到着したのでよかったです。

PS5コントローラー修理 到着メールと出荷メール

まず、修理品がプレイステーションクリニックに到着すると、【入荷連絡】のメールが届き、

修理が終わり、プレイステーションクリニックから出荷されれば【出荷連絡】のメールが届きます。

修理に出したコントローラーが今どんな状況か分かるので安心して待っていられました。

PSコントローラが戻ってきたらすること

PS5 コントローラー 修理品が返ってくる

コントローラーは綺麗な箱に入れられて戻ってきました。

待っていたので、「やっとできる~!!」と息子大喜びです。

PS5 コントローラー 修理品と同梱されていたもの

修理の際に一緒に同梱した購入時のレシートは返送されてきました。

それとは別に、「アフターサービスレポート及びアフターサービス保証書」が付いていました。

料金説明欄ではこのように書かれていました。

今回保証期間の為、無償で対応させていただきました。

無償で対応していただき、ありがたいです。

こちらも念のため大切に保管しておきます。

PS5コントローラー 

修理に出しましたが、新しいものに交換してくれていました。

「コントローラーはお手元で、最新のバージョンにアップロードしてご使用ください」と書いてあり、できるか不安でしたが、

コントローラーをPS5のUSBケーブルにつなぐと同時にアップロードしますかというメッセージが出るので、「更新」をクリックで完了しました。

PS5 画面

アップデートの時間はそこまでかかりません。

無事に使えてホッとしました。

PS5コントローラーの保証期間と値段!無料で修理はしてもらえるのか

修理の値段ですが、メーカーの保証が1年となっていて保証期間内であれば、無料でしてもらえます。(保証書やレシートがある場合と自然故障に限り。)

Amazonや楽天などネットショップで購入した場合は、ご自分のアカウントにサインインして、領収書を出すことも可能です。

オンライン修理の場合とオンライン意外の修理で値段が少し変わってきます。オンラインで修理受付すると修理料金が割引になります。

【オンライン修理の場合】
外装部品の交換 7,150円(税込)
電源ブロックの交換 9,350円(税込)
メイン基板の交換 27,500円(税込)
ディスク読取、駆動ブロックの修理・交換 8,800円(税込)
DualSense ワイヤレスコントローラーの交換 5,759円(税込)

【オンライン修理以外の場合】
外装部品の交換 8,250円(税込)
電源ブロックの交換 10,450円(税込)
メイン基板の交換 30,250円(税込)
ディスク読取、駆動ブロックの修理・交換 9,900円(税込)
DualSense ワイヤレスコントローラーの交換 5,759円(税込)

引用:プレイステーションオンライン修理受付サービス

修理へ出す前にしてみたこと

今回、PS5のコントローラーが「×ボタンが反応しない」、「勝手に画面が右に動いていく」という状況でした。

プレイステーション修理受付サービスへアクセスして、故障診断もできます。

もしかしたら修理に出さないでも治るかもと、ネットで調べてやってみたことはこちらです。

  • コントローラーのリセット
  • アナログスティックの隙間の掃除
  • システムアップデートがされているかの確認

【コントローラーのリセット】

コントローラーのリセットは簡単なのですぐにできます。

PS5本体の電源を切ってからするのですが、コントローラー故障時「×ボタン」が押せなかったので、本体の電源を長押しして強制終了。

PS5コントローラー リセットボタン

コントローラー裏にある丸い小さな穴に、楊枝を3秒から5秒さします。その後に、本体の電源を入れて動作確認をします。

今回これをやっても状況は変わらず。。。。

【アナログスティックの隙間の掃除】

アナログスティックの隙間に埃などがたまっても、勝手に動く現象が起きるみたいです。

アナログスティック周辺を見てみましたが、埃が溜まってそうな感じでもなかったので、これはあきらめました。

【システムアップデートがされているか確認】

PS5の設定から以下の様にすすんでいき確認します。

システム>システムソフトウェア>システムソフトウェアアップデートと設定>システムソフトウェアをアップデート

アップデートが必要であればここでアップデートします。

今回、「最新の状態です」となっていたので、こちらも実施せず。

他にも対処法がありましたが、これはもう壊れているなと確信。さっと修理に出すのが早いと今回修理申し込みをしました。

まとめ

PS5のコントローラーをオンライン修理受付から修理に出す方法を書かせていただきました。

実際にオンライン修理申し込みで修理完了しましたが、申し込みは簡単だし、発送も分かりやすく、修理の進行状況も明確で良いサービスだと感じました。

オンラインの申し込みフォームで、入力や確認する内容です。

  1. メールアドレスを入力
  2. 了承・注意事項の確認
  3. お客様情報入力
  4. 修理品選択
  5. 症状入力
  6. 見積り・配送方法
  7. 受付完了

PS5はメーカー保証が1年間ですので、その期間内なら無料で修理が可能です。

その際は、以下が必要です。

・保証書(お買い上げ日と店舗印の記入があるもの)
・お買い上げ日、販売店名、製品名が入った購入証明書(レシートなど。原本に限る)

この記事が少しでも参考になれば嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました