メルカリで取り置きの断り方!丁寧に断る例文紹介

メルカリ

メルカリで取り置きを頼まれて引き受けたくない時、断り方って悩みますよね。

商品の写真に「〇〇様専用」と書かれているのがいわゆるお取り置きなのですが、結構目にします。

それだけお取り置きをしている人が沢山いるんですね。

とにかく、取り置きは確実性がないので引き受けてしまうと不安材料となってしまします。

ここでは相手に嫌な思いをさせずに丁寧に断る方法をご紹介いたします。

少しでも参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク

メルカリでは基本 取り置きはルール外

購入者がすぐ購入できない場合、商品の取り置きについて相談されることがあります。

しかしながら、メルカリは最初に購入手続きを済ませた方と取引する仕組みとなり、取り置きのお約束をした以外の方が商品を購入される可能性もございます。取り置きの相談を受けた際は事前にお客さま間でご相談いただき、トラブルには十分ご注意のうえ対応をご検討ください。

※取り置きのお約束を理由に開始した取引をキャンセルすることは、迷惑行為となり得る場合がございますのでご留意ください

引用:メルカリガイド

メルカリガイドを確認すると「取り置きは」メルカリのルールではなく、出品者と購入者同士の独自のルールとなっているようです。

メルカリのお取り置きは「〇〇様専用」として出品しているあれです。

問題なのが、そこから誰かが購入ボタンを押せば購入出来てしまうので、完全な取り置きとはならないということですね。

私も専用を作って取り置きをしたことがありますが、なかなか購入ボタンを押してくれないと心配になりますし、他の人が購入してしまったらどうしようという不安は売れるまで付きまといました。

メルカリもメルカリのルール外であることを明記してあるのと、トラブルになる可能性を示唆しているので、これを理由に堂々とお断りしてしまいましょう。

メルカリボックスでも、取り置きができるできないは出品者次第という人が多数です。

必ずしもトラブルに巻き込まれる訳ではありませんが、取り置きは安易に引き受けないのが自分を守る為にも良いかと思います。

スポンサーリンク

取り置きの断り方例文!

とにかく今、取り置きを断りたい人のために例文をご紹介します。

・取り置きをお願いされた場合の断り方
・取り置きしたけれど期間が過ぎた場合の断り方
の2パターンで例文をご紹介いたします。

取り置きをお願いされた場合の断り方

お取り置きをお願いされてすぐに断る際には、以下の3つに気を付けたら良いです。

1、商品を見てくれたことへの感謝の気持ちを伝える
2、お取り置きできない理由を伝える、
3、最後に申し訳ないという気持ちを伝える

丁寧にお断りすれば購入者も気を悪くすることもないです。

状況によって1~3の3つのグループからそれぞれ1つずつチョイスして組み合わせてご利用ください。取り置き出来ない旨を簡潔に伝えたらOKです。

【グループ1:感謝の気持ち】
・コメントありがとうございます。
・ご覧いただきありがとうございます。
・お問い合わせいただきありがとうございます。

【グループ2:お取り置きできない理由】
・メルカリのルールに沿ったお取引をしたいので、お取り置きはいたしかねます。
・お取り置きですが、トラブルの元となりますので引き受けておりません。
・お取り置きはメルカリのルール外なので、対応はいたしかねます。

【グループ3:申し訳ない気持ち】
・本当にごめんなさい。
・ご希望に添えず申し訳ありません。
・ご購入いただきたい気持ちは山々なのですが、ご要望に添えず申し訳ありません。

私なら以下のように返信します。

コメントありがとうございます。お取り置きはメルカリのルール外なので対応はいたしかねます。ご購入いただきたい気持ちは山々なのですが、ご要望に添えず申し訳ありません。

取り置きしたけれど期間が過ぎた場合の断り方

取り置きをしたけど、購入もしてもらえず相手から連絡もない場合は、待つだけ時間の無駄になってしまうのでこちらからコメントを入れて断ってしまいましょう。

本当に欲しい商品なら、ちゃんと購入してくれるはずですし忘れることもないと思います。相手がキャンセルしたくてもこちらに取り置きをお願いした手前、断りずらくて連絡できずにいる場合もあります。

〇〇様
〇日までお取り置きとの事でお約束をしていましたが、ご購入いただけなかったため、お取り置きはキャンセルいたします。よろしくお願いいたします。

取り置きのメリットとデメリット

取り置きすることによる出品者側のメリットは、思いつきません。

以下のように購入者側にメリットがあるだけです。
・他の人が買わないように待ってもらえる
・支払いを待ってくれる

出品者側のデメリットとしては
・購入されない可能性
・お取り置き中に他の人に購入される可能性
・トラブルになる可能性

などがあげられますが、もちろんトラブルにもならずに取引完了することも多いです。

上に挙げたデメリットが生じた時に、結局売る機会を逃してしまうのが一番もったいないので、確実に購入してくれる人に即購入してもらうのが出品者の為にもなります。

出品した商品を取り置きしてほしいと申し出てまで購入したい人がいるなら、他にも購入したい人がいる可能性があるのでその人に固執する必要もないかと思います。

取り置きは購入者側の都合に合わせる形になりますので、下手すると振り回されるリスクもあるという事です。

商品説明欄にお取り置き不可と書く

これは今後の為になりますが、商品説明欄に
・お取り置きは対応できません。
と一言書いておくのもおすすめです。

プロフィール欄に、「お取り置き不可」と書くのもありですが、プロフィール欄を読まない人も沢山いますので、商品説明欄がおすすめです。

まとめ

メルカリで取り置きを頼まれた時の断り方と例文をご紹介いたしました。

取り置きはメルカリのルール外なのと、メルカリ側でもトラブルには気を付けてと書いてあるので、それを理由にスパっと断ってしまって問題ありません。

丁寧に断れば相手も嫌な思いをされることもないです。

この記事が少しでも参考になれば嬉しいです。

関連記事>>メルカリのいいねの意味は?買わない人が多すぎるわけ
関連記事>>メルカリで3センチ以上の厚さのものは何で発送するのが一番安いのか

スポンサーリンク
メルカリ
スポンサーリンク
みさ姫をフォローする
mommyの視点

コメント

タイトルとURLをコピーしました