メルカリ「買いたい人がいます」は無視するか値下げするか結局どうするのがよいか

メルカリ 買いたいひとがいます 

メルカリで出品していると「¥〇で買いたいひとが〇名います」と通知が来るときがあります。

出品者は対応をどうしたらいいのかと考えてしまいますが。

面倒であれば無視しても問題ありません。

ただ、そのまま売れない状態が続いたら、様子をみて希望価格に値下げしてみるのもありかなと思います。

ここでは、「¥〇で買いたいひとが〇名います」と通知が来たら対応はどうするのがよいのか、買いたい人がいますとは、希望価格はどのように設定されるのか、買いたい人がいますのメリットデメリット、希望価格の通知をOFFにする方法を書いていきます。

少しでも参考になれば嬉しいです。

私のメルカリでの取引数は現在120(出品数100以上)ですが、評価は全て「良かった」で、トラブルもありません。

スポンサーリンク

対応はどうするのがよいのか?値下げしたら売れた

買いたいひとがいますの対応は悩みますね。

面倒であれば無視でOKです!

私も「無視でいいか!」と考えていましたが、なかなか売れなかったので希望価格まで値下げに至りました。

「買いたい人がいます」の通知がきてから売れるまでの経過です。

  1. 通知に気づかなかったため1日放置→売れず
  2. 希望価格にいかない金額(5%OFF)で値下げ→1日たっても売れず
  3. 希望価格(10%OFF)に値下げ→2時間後に売れた

結論、希望価格に値下げしたらすぐ売れました。

「値下げはOKだけど希望価格までは下げたくない!」という方は、値下げできる価格に下げてみるのもありです!!(私は売れませんでしたが)

【洋服を6,000円で出品】
・過去5,000円~7,000円で取引されていた
・間近で売れたのが5,300円

子どもの洋服を6,000円で出品していました。(過去の相場の中間)

「¥5,400(10%OFF)で買いたいひとが1名います」の通知に気づかず、トータル1日放置していました。

ここで売れる気配がないため値下げを決意。

希望価格の5,400円に下げるのはちょっとな~と思い、

5,700円(5%OFF)に値下げしてみました。

こちらとしては、「5,700円なら値下げできますよ」アピールだったのですが。。。

これまた1日たっても売れず。。

希望価格の5,400円に値下げしたら2時間後に売れました。

購入してくれたユーザーが、希望価格を設定したユーザーかはこちらでは分かりません。

こればかりは商品によりけり、タイミングによりけりで値下げしてみないと分からないのですが、希望価格に下げると買ってくれる可能性は高まるようです。

スポンサーリンク

メルカリの「~で買いたい人がいます」とは

メルカリ 買いたいひとがいます 商品ページ

メルカリの「~で買いたい人がいます」とは、2023年3月に追加された機能なのですが、

匿名で購入希望価格を出品者に伝えられる機能」なのです。

購入者が、あらかじめ設定された値引き価格を登録すると、出品者へ「¥〇で買いたいひとが〇名います」の通知がいきます。

値下げ交渉の簡易版ともいえます

さらに、出品者が希望価格以下に値下げすると、希望価格を設定した購入者へお知らせがいきます。

購入者は匿名で値下げ交渉ができるので気軽に「この金額に下げてくれたら買いますよ」とアピールできるわけです。

スポンサーリンク

希望価格はどのように設定されるのか?

購入者は希望価格をどのように設定するのかといいますと。

メルカリ 希望価格の登録

商品ページに表示されている「+希望価格」をクリックし、希望価格を選び登録します。(いいね!をするとこのボタンが押せるようになります。)

希望価格を設定できない商品があるのと、商品価格により値引き率が異なります。

「希望価格の登録」ボタンは以下の商品では表示されませんので、ご注意ください。

・1000円以下の商品
・すでに値下げ済みの商品
・メルカリShopsの商品
・SOLD OUTの商品

また、設定できる値下げ幅は以下のとおりです。

商品価格が1万円未満: 5%,8%,10%
商品価格が1万円以上: 5%,10%,15%

引用:メルカリガイド

希望価格が登録されると、出品者に「¥〇で買いたいひとが〇名います。」と通知がいくのです。

匿名ですので、希望価格を設定したユーザー名は分かりません。

メルカリ 買いたいひとがいます 通知

上の写真左は通知メッセージ一覧から、右は商品ページに表示されます。

希望価格は他の人に見えるのか

希望価格がいくらかは他の人に見えません。

希望価格を登録しているユーザーがいる場合、商品ページでは下のように表示されます。

メルカリ 希望価格 買いたいひとがいます

他のユーザーには「希望価格を1名が登録中です」と表示されます。

メルカリ「買いたい人がいます」の通知をオフにする方法

買いたいひとがいますの通知は、オン/オフ簡単に切り替えられます。

通知がきてうざいと思ってしまう方はオフに。

すぐに売ってしまいたい人や少しの値引きならOKと思っていたら、オンにしておいた方がよいです!

メルカリ 通知設定

「マイページ」>「お知らせ・機能設定」>「希望価格の登録のお知らせ」でON/OFFの切り替えができます。

「~で買いたい人がいます」のメリットデメリット

「買いたいひとがいます」のメリットデメリットを出品者と購入者に分けてご紹介します。

出品者

メリット:断りたい場合、断る必要がない(無視してOK。)
     希望価格に下げれば購入してくれる可能性がある
デメリット:希望価格にしても売れない場合がある

購入者

メリット:コメントなしで値下げ交渉ができる
     匿名で希望価格を伝えられる
デメリット:無視されやすい
      出品者が通知オフにしていたら通知に気づかれない

メリットは気軽さですね。

「買いたいひとがいます」の通知がくれば、こちらとしては値下げしてみようとも思いますが、

なんせ匿名。

値下げしても買ってくれる可能性は低いとも思っていまい、「放置しておこうかな?」となりやすいです。。。

売れなければ、出品者のペースで値下げしていくのが一番よいので。

まとめ:早く売りたいなら希望価格に値下げしてみる

今回、試しに「希望価格」に値下げをしてみましたが、思っていたより早く売れました。

値下げする場合は「買いたいひとがいます」の通知がきてから、なるべく時間をおかずに値下げがおすすめです。

「希望価格=相場価格」であれば、売れる可能性が高いです!相場価格なら他のユーザーからも買ってもらえる可能性が高まるからです。

もちろん、何もせず無視でも問題ありません。

出品者が納得のいく価格で売るのが一番ですので、あまり「値下げ交渉」「買いたい人がいます」に振り回されないようにしましょう。

この記事が少しでも参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク
メルカリ
スポンサーリンク
この記事をシェアする

このブログを書いている人

みさ姫

夫と小学生2人と暮らしています。
夫の転勤で大阪に2年、三重に10年住んだのち、現在は神奈川に在住。
家にいながら「何かをしたい!」という思いから5年前にブログを始めました。
ネットショップで買い物やメルカリを利用することが多いので、その時に役立つ記事を書いています。
日々の生活・子育てで役立つ情報も発信していますのでよろしくお願いいたします。

みさ姫をフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク