メルカリの目のマークの意味は?数から読み取れることとページの改善方法

ボード

メルカリで出品した際に表示される「目のマーク」。

「いったいどんな意味があるのか、数をどのように読み取ったらいいの?」と思いますよね。

「目のマーク」の数だけを見るのでなく「虫眼鏡マーク」と「いいね!」の数を一緒に見比べると、出品した商品の立ち位置が大体わかります。

ここでは、目のマークの意味、虫眼鏡マークとの関係、目のマークの数から読み取れることとページの改善方法、目のマークの数についてを詳しく書いていきます。

少しでも参考になれば嬉しいです。

私のメルカリでの取引数は現在120(出品数100以上)ですが、評価は全て「良かった」で、トラブルもありません。

スポンサーリンク

メルカリの目のマークの意味は?

メルカリ 目のマーク

メルカリで出品すると表示される「目のマーク」。

「目のマーク」の数は出品した商品のページを開いて見てくれた直近1ヶ月のユーザーの数です。

いわゆる閲覧数です。

メルカリ 出品した商品

・マイページ>出品した商品>出品中
・商品説明ページ

で見ることができます。

()内の数は過去24時間以内に閲覧された数。(+1)なら24時間以内で1人のユーザーが商品の詳細を見てくれたということです。

毎日チェックするなら、()内の数字を見る方が分かりやすいかもしれません。

目のマークの数から、現在出品中の商品がどれだけ見られているかが分かりますので、売れるように商品ページを改善していくことができます。

参考:メルカリガイド(商品の閲覧数を知りたい)

スポンサーリンク

虫眼鏡マークは何?目のマークとの関係

メルカリ 目のマーク

虫眼鏡マークは検索結果一覧に表示された数です。

虫眼鏡マークの数が増えると、目のマークの数も増える可能性が高いです。

虫眼鏡マーク→検索数(検索結果一覧表示数)
目のマーク→閲覧数(商品説明閲覧数)

「目のマーク」の数だけをみるより、そのの「虫眼鏡マーク」「いいね!」の数も一緒にみていくと出品した商品の立ち位置が大体わかります。

私はいつも下のように考えています!

商品の人気度→虫眼鏡マークの数
商品を欲しい人→目のマークの数
欲しい人のうち検討してくれる人→いいね!の数

検索された数に対して、商品のページを見てくれた数はどれくらいかを見るとよいです。

検索数:949
閲覧数:45
いいね!の数:3

私が実際に出品している商品ですが、上の数字をどうとらえるかです。

私なら949人検索してくれて45人見てくれたらいいかな?と思えるタイプです。

人によっては、45人しか見てくれない!!と思う方もいらっしゃるでしょう。

そういう方は、下で説明している方法で商品ページを改善してみます。

スポンサーリンク

目のマークの数から読み取れること

目のマークの数から状況を読み取り、商品ページを改善してみます。

・目のマークが少ない
・目のマークが多いのに売れない

出品してから売れないでいると、メルカリからお知らせが入ることがあります。

メルカリ お知らせ

それぞれの改善策を書いていきます。

目のマークが少ない

目のマークが少ないのは、出品した商品ページを見てくれていない状態です。

メルカリ 売れるヒント

検索結果一覧からクリックして見てもらうために、下を見直してみます。

  1. 1枚目の写真を見直す
  2. 価格を下げてみる
  3. 検索されやすいワードをタイトルや商品説明に含める

1枚目の写真を見直す

1枚目の写真は、説明を見てみたい(買いたい)と思ってもらえるような写真を載せるのがおすすめです。

背景や角度を変えて、商品が魅力的に見えるように撮影して差し替えてみます。

実際の商品と近くなるようにします!(加工をしすぎるのはよくないです。)

ジーパン

上の写真の左から右の写真に差し替えたらすぐに売れたことがあります。右の写真の方がパンツが長く写っているのが分かりますか?

価格を下げてみる

価格を下げてみるのも有効です。

値段が相場に近いほど見てくれる確率があがります。

検索結果では、写真と値段が表示されるので値段が高いとスルーされてしまいます。

検索されるワードをタイトルや商品説明に含める

メルカリ 売れるためのヒント

検索数を上げるため、検索窓に入れそうなワードを商品タイトルや説明欄に多めに入れます。

検索数を増やせば、自然と目のマークの数も増えるからです。

ワードを増やすというのをやってみたところ目のマークの数が実際に増えました。

例えば洋服ですと・・・

1.「フォーマル ドレス セットアップ120」

「ブランド名 フォーマル ドレス セットアップ120 卒園 入学式 七五三」

2.「ブランド名 シャカシャカ120 」

「ブランド名 パーカー120 ジャージ・ズボン・ウィンドパンツ・トレーニングパンツ」

ブランド名は有名でなくても入れておくのがよいです。(ここのブランドのこれが欲しいとピンポイントで探している方がいるため)

ブランド名が分からなければ購入場所などを商品説明欄にいれます。

目のマークが多い

目のマークが多いのに売れないことはよくあります。

「こんなに見てくれているのに買ってくれない~」となりますよね。

よくて「いいね!」だけ付けて検討といった感じでしょう。

私もこの状態になるのはしょっちゅうです!!

・値段を下げてみる
・写真を追加してみる

値段を下げてみる

目のマークが多いのに売れないのは、、、、

値段と商品の状態のバランスがとれていないことが多いです!!

目のマークが多いということは欲しい人がたくさんいるということ。

値段が相場で、値段と状態が釣り合っていれば時間はかかっても売れる可能性が高いです。

ページを見てくれても、「新品(未使用に近い)だけど値段が高いなー」となったり、「状態がよくないのに高いなー」と売れないことも。

写真を追加してみる

載せている写真が少なくて、商品をもう少しよく見て決めたいという方も意外と多いんです!

「わざわざ問い合わせるのも面倒だな」となる方も多いので売れる機会を逃している場合も。

写真は20枚載せられるので埋まるくらい、載せすぎなくらい載せてしまってOKです。

メルカリ 出品 写真

実際に洋服を売った時、サイズが分かるような写真を追加で載せたところすぐに売れ、「サイズが分かり助かりましたー!」とコメントいただけたこともあります。

閲覧数よりも「いいね!」が付いているか

閲覧数はリアルに見てくれている人の数が分かるので、「こんなに見てくれている!!」と喜んでしまいますよね。

喜んだのもつかの間「こんなに見てくれているのに売れない、なぜ?」と落ち込むことも。

「いいね!」が1つでも付いていたら、あとは様子見で売れなければ値段を下げていくのでよいと思います。

私の場合、いいね!が1つでも付けば売ることができています。

検索数:945
閲覧数:45
いいね!:3

こんな感じでも問題ありません。

目のマークの数について

目のマークは「直近1ヶ月」で表示される仕組みなので増えるだけでなく減ることもあります。

数について説明していきます。

目のマークの数が減る現象

「目のマークって増えていくものじゃないの?減るのはなぜ?」というユーザーも多いかと。

減る現象についてですが、「直近1ヶ月」というのがポイントでして。

1月1日:出品
2月15日:1月15日位~2月15位の合計数
※1月15日以前はカウントされない

直近1ヶ月より前はカウントされません。出品してから1か月経つと、それ以前の数はカウントされず削除されていきます。

1月1~15日までに集中して閲覧してくれていた場合、かなり数が減ることになります。

目のマークがいいねの数よりも少ない

目のマークがいいね!の数よりも少ないこともありえます。

例えば、、、

目のマーク→5
いいね!→10

見てくれたユーザー数よりもいいね!が多くなるなんておかしいですよね。

いいね!の数は、付けてくれたユーザーが取り消さない限り消えることはありません。

目のマークは直近1ヶ月なので、それ以前のカウント数は消えてしまうため起こる現象です。

目のマークの平均はあるのか

目のマークの数の平均はあるのかですが。。。

目のマークは閲覧数なので、商品により差があるため平均をとるのは難しいです。

いくつなら売れるとかは関係なくて、出品してから売れるまでの期間が関係してきます。

出品して15分で売れた場合、目のマークは10いかないことも。逆に出品して1か月売れないでいると、目のマークは1000以上なんてことも!

あまり数にとらわれすぎない方がよいでしょう。

目のマークが0に?

直近1ヶ月の閲覧数が0になることもありえます。

出品後には他のユーザーが出品した商品が上に表示されていくので、自然と検索結果一覧の下の方にいってしまいます。

その結果見てくれる人もいなくなり0になるのですね。

この場合は、下のいずれかの値下げがおすすめです。検索上位になることが多いです

・100円以上の値下げ
・10%以上の値下げ

私は売れなくても再出品はしたことがなく、値下げで再度検索上位に上げることで売ることができています。

※値下げはせず検索上位にしたい場合は再出品です!

まとめ

メルカリで出品した際に表示される、目のマークについてご説明しました。

目のマーク」だけでなく「虫眼鏡マーク」と「いいね!」の数を一緒に見比べると、出品した商品の立ち位置が大体わかります。

商品の人気度→虫眼鏡マークの数
欲しい人がどれくらいいるか→目のマークの数
欲しい人のうち検討してくれる人→いいね!の数

「目のマーク」と「虫眼鏡マーク」の数によって、商品ページの写真や値段を少しずつ改善していくのがおすすめです。

この記事が少しでも参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク
メルカリ
スポンサーリンク
この記事をシェアする
mommyの視点

このブログを書いている人

みさ姫

夫と小学生2人と暮らしています。
夫の転勤で大阪に2年、三重に10年住んだのち、現在は神奈川に在住。
家にいながら「何かをしたい!」という思いから4年前にブログを始めました。
生活・子育てに役立つ情報中心に発信しています。
旅行や食べることも大好きなので、レビューなど書いていきます。

みさ姫をフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク