メルカリで落札後にキャンセルする時の理由と例文!出品者と購入者向けにご紹介

ホワイトボード メルカリ

メルカリで落札後、出品者・購入者ともに取引キャンセルしたいということもありますね。

商品の欠点が見つかったり、間違った商品を購入てしまったなど理由はさまざまですが。。。

私も自分からキャンセルをしたことは一度だけあります。(気が付いた時には冷や汗ものでした。)

逆にされたこともあります。

メルカリでは相手の同意があれば取引のキャンセルは可能なので、まずはキャンセルの理由と謝罪文を相手に送ります。

ここでは出品者・購入者向けに、メルカリで落札後にキャンセルする際の理由や謝罪文例文のご紹介をはじめ、キャンセル申請方法、キャンセルの流れ、ペナルティや手数料、返金についても書いていきます。

この記事が少しでも参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク

メルカリで落札後のキャンセルは可能か

■取引をキャンセルしたい
キャンセルとは、取引を解除することを指します。
キャンセルは、出品者・購入者の双方でお話し合いのうえ合意された場合や、取引相手の対応がなく取引の進展が困難である場合におこなうことが可能です。

引用:メルカリガイド

メルカリガイドに書いてある通り、落札後のキャンセルは、相手の合意があればできます。

購入者が期限までに支払いをしてくれない、出品者が発送してくれない場合のみ、相手の合意なしでキャンセル可能です。

取引完了(評価後)した後は、以下でご紹介する方法ではキャンセルはできませんので、メルカリの事務局へお問い合わせください。

スポンサーリンク

メルカリでのキャンセルの流れ

メルカリの出品者からのキャンセルの流れはこうです。

  • ①謝罪文を送る
  • ②キャンセル申請 
  • ③同意をクリック
  • ④キャンセル成立
  • ⑤キャンセルした方へ警告メールが届く

まずは相手にキャンセルしたい理由を書いて謝罪文を取引メッセージで送ることから始まります。

この取引メッセージで相手の合意が得られれば、キャンセル申請をします。

それでは謝罪文の例文を出品者・購入者に分けてご紹介いたします。

【出品者向け】キャンセルの理由と謝罪文例文

出品者側からの取引キャンセルの理由はこのような事が考えられます。

  1. 相手が支払いをしてくれない
  2. 発送前に商品の動作に問題があるのを見つけた
  3. 発送前に商品の汚れに気が付いた
  4. 在庫がなかった
  5. 間違った商品を送ってしまった
  6. 独自ルールに従ってくれなかった
  7. 専用にしていたら横取りされた

6と7は独自ルールが理由のキャンセルですので、相手とのトラブルにつながる可能性もあります。キャンセルは諦める、もしくは慎重に。がよいです。

私は出品者としてこの理由での取引キャンセルがあります。

・発送前に商品の動作に問題があるのを見つけた

「私何やってるんだろう」と自分を責めましたが、発送前に気が付いてよかったと思う事にしました。

ここから出品者からの謝罪文の例文です。低姿勢でいきましょう。

取引メッセージから送ればOKです。

〇〇様
大変恐縮なのですが、このお取引をキャンセルさせていただきたく、ご連絡いたしました。

発送前にもう一度商品を確認したところ、商品の動作に問題があることが分かりました。
〇〇というスイッチを押しても音が鳴りませんでした。
商品に見落としがあった事、本当に申し訳ありませんでした。

お忙しいところお手数をおかけしますが、ご返信いただけますと幸いです。
よろしくお願いいたします。

上の文章の【太字部分】は、商品の状態によって書き換えてください。

  • 商品の〇〇の部分に〇〇程度の汚れがあることが分かりました。私の見落としでご面倒をおかけし大変申し訳ありません
  • 間違えて違う商品を発送してしまいました。確認が甘く大変申し訳ありません
  • 他のフリマアプリでも出品しておりまして在庫が切れていることに気が付きました。管理ができておらずご迷惑をおかけして申し訳ありません。

商品の状態は出来るだけ詳しく書きます。(それでもOKと言ってもらえる場合もありますので)

相手が支払いをしてくれない場合は、この取引メッセージ(謝罪文)を送る必要はありません。キャンセル申請フォームから、「支払いの確認ができない」を選択して申請すればOKです。

出品者が商品を入れ間違えた・配送先住所の記載を間違えたなどが起因の場合、着払いでの返送をご検討ください。

引用:メルカリガイド

商品が届いてしまって返品が伴う場合、返品送料は出品者と購入者同士の相談となっています。

間違った商品を送ってしまったなどは普通に考えて出品者の落ち度ですので出品者側が負担になりますね。

出品者に否がある返品は、購入者に着払いで商品を返送してもらうようお願いします。

【購入者向け】キャンセルの理由と謝罪文例文

購入者側からのキャンセル理由は以下が考えられますね。

  1. 思っていた商品と違ったのに気付いた
  2. やっぱり必要なくなった
  3. 購入費用が払えなくなった
  4. 出品者が発送してくれない
  5. 届いた商品が壊れていた

こちら、出品者へ送る例文です。取引メッセージで送ります。

〇〇様
大変恐縮なのですが、このお取引をキャンセルさせていただきたく、ご連絡いたしました。

もう一度商品を確認したところ、〇〇を〇〇と勘違いして購入しておりました。

私の勝手で本当に申し訳ありません。

お忙しいところお手数をおかけしますが、ご返信いただけますと幸いです。
よろしくお願いいたします。

上の文章の【太字部分】は、理由によって書き換えてください。

  • ポイントでお支払いをしたかったのですが、ポイントが入ってこなくなったため購入が出来なくなりました。
  • 購入させていただいたものの諸事情があり、商品自体必要がなくなってしまいました。
  • 発送がまだのようですので、使いたい日に間に合いそうにありません。
  • 商品の〇〇の部分が壊れていました。

上記謝罪文の返信が来たらこのように取引メッセージを送ります。

〇〇様

お忙しい所、早々のご返信をありがとうございました。
取引のキャンセルをご了承いただけるとの事で承知いたしました。

こちらの勝手でキャンセル(返品)となり大変申し訳ありませんでした。

後ほどキャンセル申請をいたしますので、お手数ですがご対応をお願いいたします。

届いた商品に不備がある場合や、すでに発送済の場合は返品をするのですが、出品者に否がある場合は着払いで、購入者に否がある場合は元払いで返送します。

取引メッセージはこのように送ります。(出品者に否がある場合)

〇〇様
届いた商品を確認したところ、〇〇の部分が破損していました。

商品は返品させていただき、取引をキャンセルさせていただきたいです。(返品の際は着払いで発送いたします。)

お忙しいところお手数をおかけしますが、ご返信いただけますと幸いです。
よろしくお願いいたします。

尚、返品の場合は商品が出品者へ届いてから、キャンセル申請となります。(キャンセル完了すると相手と連絡が取れなくなるため)

取引画面からキャンセル申請をする方法

謝罪文を送って相手の同意を得たら、キャンセルの申請をします。

出品者は取引画面から、キャンセル申請はいつでも可能です。

購入者は、キャンセル申請のボタンがない場合がありますので、その時は出品者へ申請をお願いする必要があります。

そんな時は出品者へこのようにお願いしましょう。

こちらからはキャンセル申請ができない状態の為、キャンセル申請をお願いできますでしょうか。

お手数をおかけして申し訳ありません。よろしくお願いいたします。

取引画面から必要事項を入力

メルカリアプリ>マイページ>出品した商品>取引中から取引画面へいきます。

取引画面の下の方に「この取引をキャンセルする」ボタンがあるのでクリック。

メルカリ 取引画面 取引をキャンセルする

さらに「申請する」をクリック。

キャンセル申請フォームでする事は以下2点です。

  1. キャンセル理由を選択
  2. 理由の詳細を記入

「1,キャンセル理由を選択」では以下の中で該当するものにチェックします。

  • 購入者が誤って購入した
  • 商品がない
  • 出品情報や商品に不備が見つかった
  • 購入者からの連絡がない
  • 上記以外の理由

「2,理由の詳細を記入」でキャンセル理由を分かりやすく書きます。

以下例文です。分かりやすく簡潔にで問題ありません。

落札後に商品の動作に不備があるのが分かった為、取引キャンセルを希望します。よろしくお願いいたします。

上記1,2の入力が済んだら「キャンセルを申請する」をクリック。

キャンセル成立

相手にキャンセルの理由を確認してもらい、「同意する」を押してもらえば、その時点でキャンセル完了です。

メルカリからメールが来る

キャンセルが完了した後に、メルカリからこのようなメールが2通届きます。

  • キャンセル完了の連絡
  • キャンセルについての警告文

「キャンセル完了の連絡」は、無事キャンセルが完了しました。という内容です。

「キャンセルについての警告文」はキャンセルをした方に届くのですが、以下のような内容でした。いわゆるお叱りのメールです。(メールも消してしまい、うろ覚えですが。)

この様な事は相手に迷惑ですので二度と起こさないよう気を付けてください。

悪いことしたな・・・と思ってしまう内容です。少しだけ落ち込みました。

キャンセルされた方にはこのような内容のメールが送られます。(こちらもうろ覚えですみません。)

相手に厳重な注意をしておきました。

(私は出品して売れた商品を購入者にキャンセルされた事もあるので、、、この時キャンセル完了後にメルカリからこのようなメールをいただきました。)

キャンセル後その商品はどうなる?

クエスチョンマーク

メルカリでキャンセル後の商品の扱いはこのようになります。

  • 取引メッセージは削除される
  • お互いに連絡は取れなくなる
  • 評価はつかない
  • 出品公開停止

キャンセル申請後は取引メッセージが削除されます。

お互いに連絡が取れなくなってしまいますので、返品が伴うキャンセルの場合、商品が手元に届いてからキャンセル申請しましょう。

取引キャンセルになった商品は、評価は付きませんので安心してください。

キャンセル後、商品はマイページ>出品中の中に「公開停止中」となって残ります。

コメントやいいねは残っていますが取引メッセージは全て削除され、何事もなかったかのようになっています。

もう一度同じ商品を出品したい場合は、新規で出品をします。

取引キャンセルになった場合のペナルティ

メルカリで迷惑行為となりうる悪質なキャンセルについては、ペナルティが課せられる場合があります。

今回、私の見落としでこのような理由から返品になりましたが、ペナルティはありませんでした。

・発送前に商品の動作に問題があるのを見つけた

キャンセルが続くとペナルティが課せられる場合もありますので、なるべくキャンセルはしない方がよいですね。

今回私のようなキャンセル理由の防止策は、出品前に商品のチェックをしっかりするしかないです。(汗)

キャンセルして手数料は取られるか

メルカリガイドによると出品者、購入者どちら側からのキャンセルでもキャンセル手数料は取られません。

商品が届いた後で返品を伴う取引キャンセルですと、返品送料分は話し合いとなります。

購入者への返金方法

購入者への返金はキャンセルが成立した時点で、メルカリが行ってくれます。

購入した時と同じ支払い方法で購入者へ返金されます。

一応知っておくと安心ですね。

〇コンビニ/ATM支払い
 メルカリの売上金(残高)に戻る

〇クレジットカード払い
 クレジットカード会社へ返金

〇キャリア決済(以下どちらか)
 携帯会社経由で返金
 メルカリの売上金(残高)に戻る

〇メルペイ残高払い・ポイント払い
 手続き前の状態に戻してくれる

〇メルペイスマート払い
 キャンセル分の金額を売上金(またはメルペイ残高)として返金

参考:メルカリガイド

まとめ

出品者・購入者向けに、メルカリで落札後にキャンセルする時の理由や謝罪文例文のご紹介をはじめ、キャンセル申請方法、キャンセルの流れ、ペナルティや手数料、返金について書かせていただきました。

相手に合意してもらう事さえできれば、取引キャンセルはシステム上簡単にできます。

商品の発送前でしたら、さらに簡単です。

人間ですので、取引キャンセルとなる場合はあります。あまり落ち込まなくて大丈夫です。

無事に取引キャンセルできることを祈っています。

この記事が少しでも参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク
メルカリ
スポンサーリンク
みさ姫をフォローする
mommyの視点

コメント

タイトルとURLをコピーしました