メルカリの値下げ交渉の断り方!丁寧にNOを伝える例文紹介

NO
メルカリで商品を出品をしていると、必ずといっていいほど「値下げ交渉」を受けることになります。私もこんなに来るものなんだと驚きました。

値下げができるのなら思い悩むこともありませんが、断りたいなって時ありますよね。

そんな方の為に、相手に嫌な思いをさせずに断る方法を例文を交えて書いていきたいと思います。

少しでも参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク

相手だってダメもとで値引き交渉している!?

値引き交渉されると、一瞬それに応えないといけないような感覚に陥ります。

でも、そんなことはありません。

まず、相手も値引きしてくれたラッキー位の気持ちで交渉してきていると思う事です。

逆の立場で考えて、もし自分が値下げ交渉するとしたら、出品者が100%「値下げOK」と返ってくるなんて思ってもいませんよね。

相手だってダメもとで交渉を入れているものなのです。だからこそ、値引きできない時は、躊躇せずにはっきりと断りましょう。これも相手の為です。

メルカリの値下げ交渉の断り方!相手に嫌な思いをさせない例文

私が値引き交渉を断る際、気を付けていることは以下の3点です。

1、商品を見てくれたことへの感謝の気持ちを伝える
2、値下げできない理由を伝える
3、最後に申し訳ないという気持ちを伝える

とにかく丁寧にを心がけるようにしています。

状況によって3つのグループからそれぞれ1つずつチョイスして組み合わせてご利用ください。

【グループ1:感謝の気持ち】
・コメントありがとうございます。
・ご覧いただきありがとうございます。
・お問い合わせいただきありがとうございます。
【グループ2:値下げできない理由】
・そこまでの値下げは考えておりません。
・手数料と送料を考えるとギリギリの値段なので値下げは出来かねます。
・出品したばかりの為、今のところお値下げは考えておりません。
【グループ3:申し訳ない気持ち】
・本当にごめんなさい。
・ご希望に添えず申し訳ありません。
・もっとお安くお譲りしたい気持ちは山々なのですがご要望に添えず申し訳ありません。

私の場合、値下げ交渉されて断る時は大幅な値下げ価格を提示された時です。

上記のグループ1~3から、チョイスして・・・

「お問い合わせいただきありがとうございます。そこまでの値下げは考えておりません。ご希望に添えず申し訳ありません。」

と返答しています。

このように返すと納得してくれるのか、返信もありません(笑)

こうやってキッパリと断るとスッキリしますよ。

ちなみに値下げ交渉のやり取りは、他に「いいね」してくれた人にも通知が行くので都度見られていることを忘れずに。あまり変な対応をすると筒抜けです。

基本は「ご丁寧にお断り」ですよ。

値下げ交渉のタイプ

値下げ交渉してくる時、

・「お値下げ可能ですか?」と値引きができるか聞いてくる
・「〇〇円なら即決します」と値段を提示してくる

で分かれると思います。

「お値下げ可能ですか?」と値引きができるか聞いてくる

この場合ようは、値引きできるかできないか聞いてきている訳なので、値引きできないなら「値引きはできないです。」と、値下げ可能なら「〇〇円でいかがですか?」などと返せばよいので対応はしやすいですよね。

「〇〇円なら即決します」と値段を提示してくる

「〇〇円なら即決します。」と入れてくる方は、割と大胆な値引き価格を言ってこられる方が多い気がします。

それこそ、値引き交渉が通ったらラッキー位で。

大幅な値下げ交渉をしてくる方には、丁寧にお断りを入れます。その際、次につながってしまう「〇〇円までなら値引きできます。いかがですか?」等は入れないようにしています。そういった方とは、これ以上なるべく関わりたくないという心理からですが、、、、

メルカリで値下げ交渉を断った後に値下げするのはいいのか

時計とお金
値下げ交渉を断ったのに、後から自分で値下げをするのはいいものなのか、と考える時がありました。

結局は値下げしたのですが、その時は値下げ交渉を断ってから少し期間を開けてから値下げしました。期間というのも1週間くらいだったかな。それくらいならほとぼりも覚めるかなと思いまして。

もちろんそんなの気にしないって方は、即値下げOKかと思います。自分の気持ち次第です。

そして値下げ交渉を断った方に個別でコメントを入れる必要もないかと思います。別で購入している可能性だってありますからね。

メルカリは時間の流れで状況が変わります。

メルカリで商品が売れない時、やはり値段を下げていくと売れるものですので、時間とともに値段を下げるというのは自然な流れ。

なので値下げ交渉を断った後でも値下げはしても問題ありません。

値下げしてもいいように高めの金額で出品する

私は多少の値下げなら受けるつもりで、まずは少し高めの金額で出品します。

まあ、その第一発目の値段で売れることは少ないですが、値下げ交渉が来ても、許容範囲内の値段で売ることは可能です。

逆に、値下げできないほどギリギリの値段(最安値)で出すのが怖いくらいなのです。商品が売れなかった場合、値下げが最終手段なので。

プロフィールや商品説明に値下げ不可と書くのはどうなのか

ホワイトボード
あまりにも値下げ交渉が来て嫌だという方は、プロフィールや商品説明欄に「値下げ交渉不可」と書いてしまうのもありかと思います。

実際に値下げ不可と書いてある出品者さんもよく見かけます。そう書いてあると値下げ交渉はしにくい雰囲気になりますね。

それでも値下げ交渉が来るようですが、少ないに越したことはありませんね。

私は多少の値下げなら応じるスタンスですので、プロフィールや商品説明欄に書くことはしていません。

まとめ

フリーマーケットは値下げ交渉がつきものです。

私はこういった交渉を楽しんでしまう方なので、ずっと断り続けるという事はありません。ただ、常識を超える値引き金額を提示されたらお断りしています。

もちろん、「少々の値引きもしたくない」って方も堂々とお断りをして問題ありません。

お断りをする際、基本的に丁寧に返答すれば相手にも納得してもらえると思います。

値引き交渉してくる方も、100%値引き交渉が通ると思ってはいませんので、出来ないときは躊躇せずサクッとキッパリ断ってしまいましょう。

少しでも参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする