幼稚園役員の仕事内容!親にとって負担だから皆やりたがらない!?


今から2年前、息子が年長の時に役員をしました。それなりに負担もあり、大変でしたが楽しめたかなとも思います。

幼稚園の役員の仕事って何するのか、いまいちピンとこないという方の為にクラス役員の仕事をメインに詳しく書いてみたいと思います。

言ってしまうと幼稚園によって仕事内容は様々です。私の経験をもとに書いてありますので少しでも参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク

幼稚園役員の構成

役員と呼ばれる人たちは、一般的に、「本部役員」と「クラス役員」で構成されます。各学年にクラス役員が数名いて、クラス役員とは別に本部役員が数名いるといった感じです。

息子の幼稚園では、年少時にクラス役員をやったお母さんが持ち上がりで年中時に本部役員をやる仕組みになっていました。

年少時に役員を引き受けたお母さんは、なんと2年連続で役員をしないといけないんです。なので、巷で噂されている年少に役員をやっておいた方が楽とかいう事はありません。

本部役員はクラス役員を取りまとめる役割をします。そう、、、、なぜかちょっと偉い感じに見える方々です。そう思うのも最初だけですが。

さらに本部役員は「会長」「副会長」「書記」「会計」に分かれていました。

書記は役員会などで活動した内容を事細かに記録していきます。パソコンができる人がやっていました。

会計は行事ごとにお金の収支が合っているかなどを見ていきます。会計はお金を扱うので収支が合わなかったりすると大変かもしれません。

幼稚園クラス役員の仕事は行事を運営するのがメイン


ここでは私も経験しましたクラス役員の仕事内容をご紹介していきたいと思います。

息子の幼稚園で役員をした時、携わった行事は以下の4つです。

7月:お祭り
10月:運動会
11月:文化祭
3月:謝恩会

これを役員が分担してどれか一つをやればいい幼稚園と、同じ役員が通年通して全てやる幼稚園と色々あるみたいですが、私は通年通して全ての行事に携わりました。

運動会の仕事内容

息子の幼稚園で運動会のお手伝いは親が参加する競技の景品渡しでした。退場口に立って競技を終えた親に景品を渡していきます。

幼稚園によって運動会の準備や片付けをさせられるところもあるそうです。

お祭りと文化祭の仕事内容


その他の行事は事前準備がかなり大変でした。行事の2か月前位から準備が始まります。なので夏休みを除き、一年中役員の仕事をしているといった感覚になります。

お祭り文化祭共に各学年で担当が決まっていました。

【お祭り】
年長:ゲームの運営
年中:お弁当の販売
年少:かき氷の販売

【文化祭】
年長:お弁当の販売
年中:バザーの運営
年少:ゲームの運営

こんな感じで。

商品の発注から、景品の準備まで一から考え、全て役員のお母さんたちで進めていきます。

ゲームの運営
準備では、まずゲーム内容を決定。私が担当した夏祭りの時は、お菓子を釣る「魚釣り」とおもちゃを引く「おもちゃ引き」をしました。

先に魚釣りの景品のお菓子とおもちゃ引きのおもちゃを購入しておきます。

魚釣りではさおを手作りし、お菓子を袋に詰めて画用紙に魚を印刷したのを貼り魚釣りの魚に見立てます。これがちゃんと釣れるかテストするのです。

おもちゃ引きではセットを作る。紐におもちゃを付ける。といった事前準備を2か月前から少しずつ始めました。早めに準備を始めたので週一回集まるか集まらないかの頻度ででなんとか間に合いました。

当日は準備~ゲーム運営~片付けで終了です。

お弁当の販売
文化祭の時、私はお弁当担当をしました。仕出し弁当屋さんをどこにするか?から決めていきます。

そしたらどんな内容のお弁当にするか決める。。。。試食はしなくてもよかったのですが、食べることが大好きなメンバーでしたのでランチがてらお弁当を取って試食してました。なので多少の出費がありました。

そしてこんなお弁当にしますというお便りを出すためにお弁当の写真撮影もしました。

仕出し弁当屋さんには当日幼稚園まで配達してもらいます。当日は、販売場所の設営、販売、片付けを行い終了です。

息子の園では行事でお弁当の販売や夏祭りにはかき氷の販売もありましたが、衛生面から食べ物はやらないという幼稚園もあります。食べ物系はアレルギーの問題などもありますし気を使いますので、ないと助かりますよね。

あ、本音が出てしましました。。。。

運営する側から言わせていただくと、とにかく仕事が少なくなるのに越したことはないですよね。

バザーの運営
幼稚園で文化祭と言えばバザーですよね。バザーは品が集まったら、値付けをして並べていきます。

一か月くらい前に、200~300種類の品が揃います。それに値付けをしていくわけですので結構タイトな日程です。当日はバザーのお部屋の飾りつけなどもしたりします。

謝恩会の仕事内容

年長役員がなぜ大変と言われているかというと、この謝恩会の準備があるからです。

でも、11月くらいから準備を早めにすればそこまで切羽詰まることはないです。

謝恩会も各学年役割分担されていました。

【年長】
・スライドショーの作製
・先生へのアルバム作り
・先生へのギフト選び
・園児からの歌のプレゼントを考える
・BGMを決める
・キャンディーレイの作製

【年中・年少・本部】
・食事&飲み物の用意
・ゲーム進行
・当日の謝恩会進行

息子の幼稚園では謝恩会は幼稚園の中で行いました。進行役の本部と年中役員は、謝恩会の数週間前から進行表とにらめっこして大変そうでした。年長役員は当日は一切仕事をすることなく、子供と一緒に座っていればいいだけでした。

この辺も幼稚園によって違ってくるかと思います。年長も進行役を務めないといけない場合もあるようです。

細かな書類の作成もある


幼稚園によってあるところとないところがあると思いますが息子の幼稚園ではこのような書類の作成がありました。

・注文書の作成
・経費精算の為の書類作成
・報告書の作成
・お便りの作成

注文書の作成
行事でお弁当や景品を注文する時に、役員で作成してお店に発注してました。幼稚園で雛形があると助かりますね。

経費精算の為の書類作成
幼稚園の経費を使う際に書く書類も沢山あり、購入したもの、値段を明記し、領収書、納品書、見積書などと一緒に提出します。

報告書の作成
来年度役員をするお母さんの為にもなるもので、各行事ごと、何をして、何が決まって、これから何をするかなどなど細かく活動の記録がしてあるものです。

お便りの作成
行事の前に、こんなゲームをしますよとか、今年はこのお弁当を販売しますよっていうお便りを全園児に出すのですが、その作成も役員の仕事でした。

その他、集金や写真集めの際にもお便りを出したりちょこちょこと細かい作業がありました。

ですが報告書、お便り共に一年間引き受けてくれたお母さんがいたんです。もう感謝しかありません。

私は報告書の作成もお便りの作成もしませんでした。

全てやってもらうと、申し訳ない気持ちでいっぱいになるのは私だけでしょうか。。。

お別れ会、ランチ会、先生へのお祝いなども担当


これは役員次第ですが、お母さんたちの為のランチ会や、転園していく子のお別れ会を企画したり、先生の出産、結婚のお祝いの品を考えてプレゼントしたりという仕事もあります。

でも、息子の幼稚園ではこれは自由で必ずしもやらなければいけないという感じではありませんでした。

私が役員をしたときは、出産、結婚があった先生はいなかったものの、ランチ会、お別れ会などはあえてやりませんでした。

これについては何か言ってくる人もいませんでした。これらは余裕があれば企画したらいいのではと思います。

幼稚園の役員はどれくらいの頻度で集まるのか

実際役員をしたらどれくらいの頻度で幼稚園に行かなければいけないのか、気になりますよね。

私の場合はこんな感じでした。

【幼稚園の役員が全員集まる役員会】
毎月1回(行事前は月2回)
1時間~2時間程

【年長役員だけで集まる話し合い】
毎月3回程度
3時間~4時間程

私達、年長役員は4人いましたがなるべく集まる回数は減らそうとの事で少ない方でした。ですが役員会を合わせると月に4~5回は幼稚園に出向いていた計算になります。

他の学年はもっと集まっていたようで、行事前は毎日とも聞きました。毎日って・・・過酷すぎる。

この辺は役員の性格にもよりますね。集まるのが好きならいいですが、なるべく集まる回数を減らしたかったら、その旨を皆に提案するのがおすすめです。

幼稚園の役員の仕事は盛りだくさん

幼稚園の役員の仕事は行事の運営がメインとなってくるかと思いますが、それに伴う細かい仕事が結構あります。

でも、皆で分担、協力してやればどうにかなるレベルです。

大変ですが。。。

これだから、親に負担がかかり役員なんて皆やりたがらない訳ですね。

でもこう文章にすると何だかすごいことをしているように見えますが、実際やってみるとバタバタしながらも何とか出来てしまうものです。

役員をやる時に、あれこれ考えすぎない方がいいです。考えると頭がストッパーをかけてしまします。

少しでも役員をやってみようかなとお考えの方は「幼稚園の役員決めで立候補して後悔しない為の心構え5つ」も読んでみてください。

私は皆でワイワイしながら進めていくのも楽しかったし、良い経験になりました。

役員をやった年は色々な意味で充実した一年だったなと思います。全ては子供の為と思えばなんとかやり遂げることができました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする