幼稚園の親子遠足で持ち物を軽くするコツやママの服装について!

幼稚園

幼稚園の親子遠足では持ち物は意外と多いです。

たいてい準備してカバンを持ってみたら「重い!」ってなるものです。

幼稚園によって行き先は以下の2つに分かれるかと思います。

  • 公園
  • テーマパーク

公園ですとどこかに荷物を置いておくこともできますが、テーマパークとなると荷物を持ってめちゃめちゃ歩き回ります。

ママが疲れない為にも荷物は軽くするのが鉄則です。

ここでは、親子遠足の持ち物について、荷物を軽くするコツ、ママのしている服装、カバンについて書いていきます。

少しでも参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク

親子遠足の持ち物リスト

親子遠足の持ち物リストです。

幼稚園によって、違いはあるかもしれませんがだいたいこんな感じです。

必要な持ち物リスト
  • お弁当
  • 水筒
  • おやつ
  • レジャーシート
  • ウェットティッシュ
  • ばんそうこう
  • レインコート
  • タオル・ティッシュ
  • ゴミ袋
  • オムツ・パンツ(年少さん)
  • 日焼け止め・日傘・帽子

これらを少ないと思うか多いと思うか、人それぞれですが、カバンに入れたらかなりのボリュームと重さになります。

スポンサーリンク

荷物を軽くするためのコツ

親子遠足では、荷物を持って歩き回る事が多いので、荷物はコンパクトにするのがおすすめです。

親子遠足の持ち物の中でも、以下の物は軽くできます。

  • お弁当
  • 水筒
  • おやつ
  • レジャーシート

お弁当は後を楽にがポイント

お弁当の詰め方のコツは以下3つです。

お弁当詰め方のコツ
  • 食べた後に容量を減らせるお弁当箱
  • 主食はおにぎりにしてお弁当箱には入れない
  • ママと子供別々に詰める

食べた後に重ねてコンパクトにできるお弁当箱は、食べ終わった後カバンの中のカサが減るのでいいです。

こんなのです。

上のようなお弁当箱に、おかずだけ詰めるといいですよ。

主食はおにぎりにして、サランラップで巻いてお弁当箱には詰めないようにします。

お弁当のおかずはママと子供別々に詰めるのがおすすめです。量の把握もしやすいですし、詰め過ぎて食べきれず残すのを防ぐためです。

それに子供は子供でお弁当箱渡して食べてもらった方がママも楽ちん。

紙のお弁当箱だと、食べた後折りたためるし軽いのでさらにおすすめです。

親子遠足から家に帰るとドっと疲れが出て、洗い物とかする気力なんてゼロ。

使い捨てのお弁当箱は帰ってから、洗い物がないのでめちゃ楽です。

それと、お弁当はなるべく早く食べてしまいましょう。(笑)

場所によっては着いてからレクリエーションや写真撮影が終わってなんだかんだで11時頃になります。

その直後に昼食を食べてしまい、ゆっくり回るママも多かったです。

重たいのを持って周るのも嫌ですし、食中毒も気になりますしね。

水筒はペットボトルで代用

幼稚園の持ち物には「水筒」って書いてあるんですけど、重たすぎるので私と子供の分共にペットボトルでした。

夫も参加した時はペットボトル3つ持っていきました。(笑)ペットボトルがゴロゴロですが、帰りは軽いです。

水分補給できたら何でもいいですよね。

だいたい子供は水筒を持ってくれず親が肩から下げて回るはめになります。子供のリュックに入れるにもペットボトルの方が軽いです。

おやつはかさばらないものを

おやつは子供が楽しみにしているので忘れずに持っていきましょう。

子供の好きなおやつの中で、かさばらないおやつがおすすめです。

うちの子供が持って行っていたおやつはこんなのでした。

  • ラムネ
  • グミ
  • プリッツ
  • ハイチュー(賛否両論あり)
  • 穴の空いた飴(パインアメ)

親子遠足ではかなりの確率で、おやつ交換が始まります。

なので交換用のおやつを用意しておくと安心です。

交換用のおやつは個装してあるもの1種類でOKです。周辺にいる子に配る感じなので少なくて大丈夫です。

レジャーシートのサイズは?

レジャーシートはいいものを購入すると、分厚く頑丈に出来ていて重みもあるんです。

分厚くて重みもあるレジャーシートを長時間持ち歩くのは大変です。カバンの中の半分はレジャーシートにもなりかねません。

なので、小さくて薄いのを持っていきます。

子供1人+大人1人の親子遠足では90×150cm位(2~3人用)のレジャーシートがおすすめです。

これでママ1人+子供1人で荷物を置いて座って少しだけ余裕もあります。

コンパクトにたためて持ち運びしやすく便利です。

このサイズは、小学校の遠足でも活躍しますので損はないです。

ママの日焼け止め対策

4月、5月は想像以上に日差しがきついです。

日焼け止めクリームは塗り直している暇などありませんので、朝塗っていくだけでOKです。

少しでも荷物を減らしましょう。

個人的には日傘よりも両手があく帽子がおすすめです。日傘だと差したり閉じたりが面倒です。

帽子はあるもので何でもよいです。5月で麦わら帽子のママもいます。

親子遠足でママの服装はどんなのがいい?

子供の幼稚園の親子遠足の時、ママはどんな格好をしていたか集合写真を見返してみました。

親子遠足は4月~5月になることがほとんどです。

この時期は着るものに困るんですよね。

以下のような結果でした。

  • トップスはシャツかTシャツが多数
  • パンツ率が多い
  • スカートならロングスカート
  • 羽織りは必須
  • スニーカー率が多い

一番無難な服装はこんなのです。

・Tシャツ+羽織+パンツ+スニーカー

遠足コーディネート

こんなイメージです。

結局は着慣れていて動きやすければなんでも良いかと思います。

トップスはシャツかTシャツが多数

上は綿素材のシャツかTシャツ(半袖・長袖含め)のママがほとんどです。

気候により長袖、半袖で迷いますが、、、、

羽織りは必須にして、以下の様に決めておきます。

  • 半袖Tシャツ+羽織
  • 長袖Tシャツ+羽織

当日の朝の気温で半袖にするか長袖にするか決めると良いです。

パンツ率が多い


ボトムはパンツが多数でした。

  • デニム
  • テーパードパンツ
  • ワイドパンツ

色はデニム、黒、紺、カーキが多い傾向。

結局は座ったり立ったりしやすい履きなれたパンツがいいです。

スカートならロングスカートがおすすめ

私は遠足でスカートは論外。中にはスカート、ワンピースの方が履きなれているというママもいるようです。

スカート、ワンピース派もクラスに1人~2人います。

そのママはひざ下のロングスカートにしていました。あまりロングすぎても動きにくいので、動きやすい丈のものならOKです。

羽織りは必須

どのママも、簡単に体温調節ができるよう、羽織り物を持ってきていました。

5月位の気候ですと、トップスに半袖のTシャツを着て、カーディガン、パーカー、シャツを羽織り代わりに使用している方が多いです。

スニーカー率が多い

靴はスニーカーのママが圧倒的に多いです。

行く場所によってはぺたんこのパンプス、バレエシューズのママもちらほらといました。

親子遠足の為にスニーカーを買う必要はないと思います。普段の履きやすい靴を履いいくので全然OK。

親子遠足でママのバッグはどんなのがいい?

ママのバッグはリュックとトートバッグ派で分かれます。もちろん使い慣れている方で問題ありません。

子供の幼稚園の写真を見返してみると、半分半分でした。

私はリュックは背負わないタイプなので、トートバッグを持っていきました。

トートバッグはキャンバス素材の大きめのものがおすすめです。

これ位の大きさのトートバッグだと余裕があって安心です。

リュックでもトートバッグでも貴重品を入れる用に、ポシェットなどを持ってきているママもいます。

私もそうなのですが、これ、何かと便利です。

貴重品をサッと取り出せるし、大きな荷物を置いて場を離れることもできて助かるんです。

お財布の他にスマホ、ハンカチ、ティッシュなどよく使うものを入れておくと良いです。

まとめ

親子遠足での持ち物と軽くするためのポイント、ママの服装について書かせていただきました。

持ち物は極力軽くがおすすめで、帰りは更に軽くなる物にするのがよいです。

軽くできる物は以下のものです。

  • お弁当
  • 水筒
  • おやつ
  • レジャーシート

ママの服装は、パンツにTシャツ+羽織が無難です。

カバンもリュックとトートバッグ派で分かれますが、普段から使っている方でよいです。

とにかく、なんでも使い慣れている物を中心に考えたら問題ありません。

これから親子遠足に行くママに少しでも参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク
幼稚園
スポンサーリンク
みさ姫をフォローする
mommyの視点

コメント

タイトルとURLをコピーしました