2人育児のタイムスケジュール!ママの負担を少なくするポイント5つ

2人育児って、想像以上に大変ですよね。毎日どんなスケジュールで過ごしたらいいのか、楽な方法はあるのか。。。などなどいろいろ考えてしまうのが、2人目が産まれたばかりの時ではないでしょうか。

私に2人目が産まれた時は、お兄ちゃんになる2歳の息子がいました。二歳差になるんですけれども。。。

2歳といえどまだ赤ちゃん。イヤイヤ期真っ只中の赤ちゃんと、産まれたてのふにゃふにゃの赤ちゃん2人を同時に見るって超激務。そんな中、毎日自分がいかに疲れないよう過ごせるかに重点を置いて過ごしてきました。

5年前になりますが、子供たちが0歳、2歳の時の一日を振り返ってみました。

当時私は専業主婦で、平日夫は仕事で忙しく朝早く出勤、夜遅い帰宅。私と夫の親は遠方で身内に手を借りることはできませんでした。いわゆるワンオペ育児をしていたわけなのですが、逆に私のペースで出来ていたのかなとも思います。

私が毎日できるだけ負担を少なくする為にこだわっていた5つのこともご紹介しますので、参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク

ワンオペ2人育児、一日のスケジュール

特別なことはしているつもりはないのですが、子供が愚図ったり泣いたりで何事もスムーズに進みません。スケジュールはあってないようなものです。

2人のおむつ替えは「常に」なので下記には入れていません。注目していただきたいのが、夕食の時間と就寝時間です。19:00~19:30には二人とも寝ていました。

この時間に寝かせるためには夕食の時間は17:00。早すぎですね。子供が産まれる前は考えられない時間です。

7:00     上の子・ママ起床 
7:30~8:00 洗濯機をまわす・朝食作り
8:00~8:30 下の子起床・朝食タイム・授乳
8:30~10:00 朝食片付け・洗濯物を干す・お風呂掃除
10:00~12:00 外遊び(雨ならお家遊び)・授乳
12:00~12:30 昼食作り
12:30~13:00 授乳・昼食タイム
13:00~13:30 昼食片付け
13:30~16:00 下の子・上の子昼寝タイム
        上の子おやつタイム
         洗濯物を取り込む 
         授乳
16:00~17:00 夕食作り
17:00~17:30 夕食タイム・授乳
17:30~18:00 夕食片付け
18:00~19:00 歯磨き・お風呂タイム
19:00~19:30 授乳・寝かしつけ
22:00     上の子の夜泣きと向き合う
24:00と3:00  下の子の授乳

2人目娘が産まれたと同時に上の子の夜泣きがスタート。毎日22時前後に1時間ほどギャン泣きです。何をしてもおさまらず、見守る事しかできませんでした。

これは辛かった。。精神的に参るんです。

これも半年ほどでなくなりましたが、突然妹が現れて上の子にもストレスがかかっていたのかもしれません。

ママの負担を少なくするポイント5つ

2人のお世話に手こずりながらも、とにかく私が疲れないよう過ごすためにこだわったこと5つは・・・

・就寝時間は早めに設定
・外出は午前中、午後はゆっくりするという生活リズムを作る
・家で子供と遊ぶときは集中的に相手をする
・お風呂と寝かしつけは2人同時にこなす
・食事作りは手抜きでOK

でした。以下で詳しくご説明します。

1、就寝時間は早めに設定

夜遅くなれば遅くなるほど人間は疲れが出てくるので、私が元気なうちに夕飯やお風呂を済ませさっと子供を寝かせれば体力的にも余裕ができました。

子供達の就寝時間は19:00~19:30です。夕飯の時間は17:00。そうすると夕飯の準備は16:00頃からスタートします。このスケジュールにすると午後があっという間に終わっていきます。

赤ちゃんを育てていると夜中に授乳で最低でも一回は起こされるため細切れ睡眠になり朝起きても寝た気がしない、疲れている、皆そんな状況に陥りますよね。

ママは「良質な睡眠」からは程遠いわけです。私は睡眠をたっぷりとらないとダメなタイプで子供の寝かしつけとともに一緒に寝てしまう事が多かったです。という訳で、かなりの長時間睡眠を取っていました。

育児はママの体力勝負。まずは十分な睡眠をとり体力を保ち続けることが大事だと思いました。睡眠がちゃんと取れていると、イライラする回数も少なくなるので子供の為にもそうしていました。

2、外出は午前中、午後はゆっくりするという生活リズムを作る


上の子がずっと家ではもたなかったので一日一回は外出するようにしていました。外出は基本「午前中」。

午前中に外出するって結構大変なんですけど、家事を猛スピードで終え、10時目標で天気が良ければ公園へ連れて行きました。私は子供が楽しそうに遊んでいる姿を眺めていればいいだけなのでお家にいるよりも楽に過ごせました。

試しに午後に公園へ行くというパターンも試したことがありますが、疲れてしまって私には向いていませんでした。

午前中公園で身体を動かして疲れるのか、家に帰る途中や昼食後に昼寝してくれることも。上の子と下の子の昼寝が重なれば天国です。

午後は大人しくDVDを観たり、おもちゃ遊びなどして過ごしてくれるので助かりました。エネルギーを発散させるのって大事なんですね。午前中は外で活動、午後は家でゆっくりという生活リズムをなるべく崩さないようにしていました。

下の子は3か月で公園デビューしていました。2人育児では上の子優先に生活していたので下の子は抱っこ紐に入れて連れて行っていました。「こんなに小さいのにかわいそうに。」とも言われたこともあります。

でもそれぞれの家庭の事情がありますのでしょうがない事です。こうやって下の子はたくましく育つんですね。

3、家で子供と遊ぶときは集中的に相手をする

家にいると子供に一緒におままごとをしてほしいとか、ブロックを一緒に作ってほしいとか、頼まれますよね。私はこれが苦手でどうしようもなく、長い時間は相手をできませんでした。

でも集中的に(30分から1時間くらい)本気で相手をしてあげて遊んであげると短時間でも子供は満足してくれるようで、その後は1人で遊んでくれるんです。

その間私はひっそりと自分の時間を過ごすことができました。もし、ずーっと子供の相手をしていたのでは身が持たなかったと思います。

4、お風呂・寝かしつけは同時にこなした

これは2人同時が楽だったからです。お風呂だったら子供を別々に入れたり自分だけ後から入るとか、同じ行動を2回するって疲れました。倍の時間を使っている気がして別々になどできませんでした。お風呂も寝かしつけも2人同時にすれば時間短縮にもなります。

【3人同時(私と子供2人)のお風呂の入り方】(下の子が3か月過ぎたあたりからです、それまでは別で沐浴していました。)
1、下の子は服を脱がせて寒くない様タオルに包んで脱衣所で待っていてもらいます。(おもちゃを持たせたりして遊んでてもらう)
2、上の子と私が洗います。
3、上の子を湯船に入れて遊ばせ、脱衣所から下の子を連れてきて、下の子を洗います。
4、私と下の子が湯船に加わり三人で温まります。
5、三人同時に上がって着替えです。 
【2人同時の寝かしつけの方法】
1、まず寝室に2人連れていき私は座って下の子を授乳。(その間上の子はゴロゴロしています。)
2、下の子は授乳すると寝るので寝たら布団に置きます。(下の子が授乳で寝ない場合は下の子を抱きながら上の子の背中や足のツボを押してあげます。)
3、上の子にツボ押しをしてあげる。→そのうち上の子が寝る。
4、私も寝落ち。起きられたら起きる。

上の子は肌が触れ合っていると安心するようですし、ツボ押しが効くみたいですぐに寝てくれますよ。下の子は授乳と同時に寝てくれるので割と楽でした。ツボ押しは寝つきが悪くて困っている方はぜひ試してみてください。おすすめです。

<追記>
子供がなかなか寝なくて困ってる方は、世界中で売れていてイギリス、アメリカなどでアマゾン総合一位を獲得した「おやすみロジャー」という絵本もおすすめです。

おやすみロジャーの対象年齢!5歳と7歳、大人の私が読んでもらった感想」に詳しく書いてあります。

5、食事作りは手抜きでOK

ご飯を作るのって、なんでこんなに大変なんでしょうね。赤ちゃんを育てていた頃のご飯作りは超大変でした。愚図りをあやしながら料理したり。。。

ところが最近、料理研究家の土井善晴さん書いた「一汁一菜でよいという提案」を読みまして、基本的に私達はおかず代わりになる具だくさんのみそ汁にご飯だけでも十分なんだとか。今読んでも私はこの本に救われました。「なんだ、みそ汁だけでもいいんだ。おかずってなくてもいいんだ。」と気が抜けたというかプレッシャーから解放されたというか。当時、この本に出会いたかったです。当時2人育児で奮闘していた私に「疲れていたら、みそ汁とご飯だけでもいいんだよ」と言ってあげたいです。とにかく手の込んだ料理を無理して作る必要はないわけですね。

昼ごはんは、基本前日の夜ごはんの残りをチンしていただいていました。昼ごはんのメニューを考える必要もないしとても楽です。

この他良く登場したのが、チャーハン。チャーハンって何気に栄養も取れて簡単に作れる素晴らしい料理なんです。それでいて子供は大好きなので喜んで食べてくれる。大量に作って冷凍しておけば、レンジでチンしていつでも食べられます。このころ「チャーハン様」に大変助けられました。作るときは少量作るのも大量に作るのも手間は一緒ですので、作れる時こそ多めに作って冷凍しておくのがおすすめです。

夫が休みの時にしたことと、してくれたこと

夫が休みの日は、とにかく平日にできない事をする日でした。夫が休みの日は家族で出かけることが多かったので、上記のスケジュールとは変わってきます。

・子供と遊んでもらう
・食料品・生活用品を1週間分買いだめ
・部屋の掃除

子供と遊んでもらう

これが一番助かりました。平日の子供の相手はいつも私。休みの日に夫が子供の相手をしてくれるだけで身体が休まりました。時には子供と離れることも大切です。夫がいると私も気が抜けてホッとする時でした。

食料品・生活用品を1週間分買いだめ

食材や生活用品の買い物は夫が休みの時にしていました。私一人で子供2人を連れてスーパーに行くと上の子が走り回ってしまって、買い物どころではなくなるのです。もう、買い物をしている時間よりも上の子を追いかけまわす時間の方が多くて。げっそり疲れて帰ってくるという。。。

食材は一週間分買ってしまえば、しばらく買い物に行かなくていいのである意味楽ですよ。

部屋の掃除

部屋の掃除機かけや片付けも夫が見るに見かねてやってくれました。普段はどうしても部屋の掃除が後回しになってしまい、できずに寝てしまうという事が続きました。すると部屋が恐ろしいことに。ですが掃除くらい後回しでもいいですよね。

ママに合ったスケジュールで過ごすのが大事

2人育児って想像以上に大変です。体力がかなり必要とされるので、体力温存をおすすめします。結局のところママの身体第一で負担を少なくして過ごすのが良いのかなと思います。

子育てをしていてイライラはつきもの。イライラが止まらなくなったら「2人育児のイライラが止まらない!私の解消法を8つご紹介!」で解消法を載せています。

人によって、同じ事をするにも楽と感じたり大変と感じたりするものだと思うので、私の紹介したこと以外にも色々と試されてみるのも良いかと思います。

今回の記事が少しでも参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする