2人育児のイライラが止まらない!私の解消法を7つご紹介!


2人育児ってとても大変ですよね。現在私の子供も5歳と7歳に成長し、少しは楽になってはきたもののまだ大変さは変わらずです。

2人目が産まれたばかりの時は本当に大変で、イライラが止まらず戸惑いましたし、大変さも想像をはるかに超え「こんなの聞いてないよ」ってなりました。

私の場合、2人育児でイライラする主な原因は、「疲れ」と「1人の時間がない」「上の子のイヤイヤ」でした。

2人育児が始まったばかりの頃(子供が0歳、2歳)、この時に私が気を付けていた事や、イライラ解消法も載せていきたいと思います。

イライラが止まらなくて悩んでいるママに少しでも参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク

2人育児のイライラ解消法

私の2人育児のイライラ解消法7つは・・・

・とにかく寝て疲れをとる
・家で子供に隠れてひっそりお茶タイム
・実家へ電話
・育児マンガ・ブログを読む
・好きな食べ物を食べる
・夫に子供を預けて外出
・旅行へ行く

こちら頻度の高い順です。

やはり効果の高かったのは、「夫に子供を預けて外出」です。ママだって1人になりたいですよね。

とにかく寝て疲れをとる

とにかく寝るというのは体力回復の為です。

寝不足は疲れが取れない原因になります。そうするとイライラもしやすいです。まずは寝不足状態にならないことが大切かと思います。

日々、2人の子育てで疲れているのですから、寝てください。日中昼寝はできないよって方は、子供が夜就寝する時に一緒に寝てしまうのをおすすめします。

18時でも19時でも思い切って寝てしまいましょう。

毎日こんなのできないけどって方は週のうち何回か早くに寝るだけでも体力が回復するかもしれません。

寝不足から解放されるだけで、イライラの回数は減るはずです。私がそうでした。

家で子供に隠れてひっそりお茶タイム

子供に隠れてお茶って、、、そこまでしてって思いますよね。でも、この時間が重要なんです。

そう、一人の時間を作り出すのです。

2人育児をしていると日中、子供が2人同時に寝てくれる事なんてそうそうないですよね。1人育児の時は、子供が寝たらその間休憩&お茶タイムが取れていましたが2人育児はそうはいきません。さらに私は夜子供と寝落ちです。

ですので子供が何かに夢中になっている時に、子供が目に入らない場所でお茶タイムをするんです。

これポイント。

これ、テレビで芸能人がやっていた方法なんですけど、いいなーと思ってやってみたら気分転換になったので、毎日の日課になってしまいました。

私はキッチンの隅でコーヒーを飲んでいました。一応隠れているつもりですが、こちらからは子供の様子を伺うことができる場所です。

リビングで堂々とお茶してもいいのですが、子供からまるまる私が見えると一緒に遊んでと声をかけられたりします。

「今は声かけてこないでよ。」って思うのがストレスなのでいっその事隠れてしまえっていう考えです。

隠れると一瞬でも落ち着きますよ。

これで、少なからず「1人の時間が取れたー。」という達成感が生まれます。

実家へ電話

実家の母にはほぼ毎日のように電話していました。

自分も話すことでストレス発散になりますし、1人で悶々ととしているより良かったです。そして時間も早く過ぎるしで。

テレビ電話は結構おすすめで、顔と顔が見られるので時には子守をしてくれたりしたので助かりました。

育児マンガ・ブログを読む

育児をしていると悩みはつきもの、そして共感がほしいんです。

独身の頃は家族や近くに友達もいて境遇も一緒、よく会っては話し共感してもらえました。

私は転勤族というのもあり、当時なんでも話せる友達がいませんでした。

なので手っ取り早く共感できる私と同じ境遇の人を探さなければならなかったのです。

それが「育児ブログ」と「育児マンガ」でした。

元々子供が産まれる前からブログはやっていたし人のブログを読むのも好きだったというのもあります。

男の子の1人育児をしている時は、男の子の1人育児のマンガを買い、2人育児をしている時は2人育児のブロガーを探してブログやマンガを読んでいました。

それはそれは「共感の嵐」でした。

大変な育児の事も面白おかしく書いてあって「あーうちと同じ。」「こういう時はこうやって考えたらいいんだ。」という視点で読むことができて気が軽くなったのを覚えています。

好きな食べ物を食べる

美味しいものを食べると幸せを感じますよね。この幸せな感覚を味わおうということで、私でいうとパン屋さんでパンを、ケーキ屋さんでケーキを買ってきて至福のひとときを過ごしていました。

これは、食べてイライラ解消といった感じですね。美味しいものを食べに行くというのも良いかと思います。

夫に子供を預けて外出

元々、ウインドウショッピングをしたり買い物が好きだったので、朝から晩までまる一日子供を預けてフラフラさせてもらったこともあります。

子供がいない外出&ショッピングは新鮮で楽しかった感覚を今でも覚えています。

まる一日は難しくても短時間でも子供と離れるだけで全然違います。1時間だっていいんです。私は1人で食材の買い物に行くだけでスカッとできました。

一瞬でも子供と離れることに意味があります。いつも一緒にいてイライラしていても、離れると不思議と「何してるかな?早く会いたいな」ってなるんです。

旅行へ行く

子連れの旅行は大変ですが、思い切って旅行に行くのもかなりリフレッシュできますのでおすすめです。

旅行へ行く前はワクワクするし、それが原動力になり旅行があるから頑張るぞーって思えたり。

人生において楽しみを作っていくのって大事ですね。

2人育児でイライラが止まらない原因

私のイライラする原因を考えてみると、まずは「疲れ」から始り、次に「1人の時間がない」「上の子のイヤイヤ」といった感じでした。

2人育児による疲れ

人間、根本的にイライラするのって「疲れている時」が多いのではと思うのです。

少なくとも私がそうです。

私は昔から、疲れてくるとマイナス思考になりがち、さらにイライラしやすかった気がします。

なので多くのママは「2人育児」をしているからイライラしているのではなく、2人育児をすることによる「疲れ」からイライラが止まらないのではないでしょうか。

1人の時間がない

1人の時間にティータイム
毎日毎日休むことなく子供の世話をしていたら「自分のことは何もできないのに」と悲しくなりますよね。だからこそ1人の時間は大切だと思います。

1人の時間が取れると本当に違います。

余力のある方は子供を寝かしつけた後の夜の時間に、私のようにいつも子供と一緒に寝落ちしてしまう人は日中に一人の時間を作るのが大切です。

一日に15分程度の一人の時間を一回でも取れたら満足でした。

それでもなかなか1人の時間が確保できず、「あー、今日も一人の時間が取れなかった」となる時がありました。

1人の時間が取れないイコール=好きな事ができないですからね。

1人の時間に短い時間でも好きなことをするって大切です。

上の子にイライラしてしまう時もある

2人育児において、上の子にイライラしてしまう事って多かったです。

疲れている時こそ、何事もスムーズにいってほしいもの。上の子のイヤイヤ期と重なるともう大変。何事もスムーズにとはいかない訳で、愚図りだしてすぐに済むことも何倍と時間がかかったりします。

基本、産まれたての赤ちゃんにはイライラしないわけで、上の子の意思表示に「もーっ!」ってなることが多かったです。

私の場合、上の子が下の子にちょっかいを出すので注意をするのに疲れ果てていました。

叱るのもエネルギーいるんですよね。上の子の対応に疲れるんです。

でも、今となっては私の気を引きたくてそういう事をしていたんだと分かり切なくなりました。

当時の私は赤ちゃんを守るのに必死、さらに上の子の要望にも応えてあげないといけないしで気が休まることはありませんでした。疲れるわけですね。

家事は最低限にとどめる

そんなこんなで、日々していたことといえば上の子から赤ちゃんを守ることと上の子の要望に応える事、家事といえば食事・洗濯をするくらい。

家を綺麗にするエネルギーはありませんでした。

今となっては散らかっている部屋は落ち着かないので片付けますが、当時、片付ける事が苦痛で家の中は散らかり放題でした。

片付ける時といえば、人が来る時のみ。

ひどいですね。

部屋を片付けないととプレッシャーになりストレスになり子供に当たってしまうくらいなら、片付けなんてしなくていいやと思ったら気が楽になりました。

「〇〇したいのにできない。」というのはとてもストレスになります。なので片付けは元々しないものだと自分に思い込ませました。

もう、開き直りですね。

でも掃除が好きとか、掃除するとストレス発散になるって方は逆にした方が良いかと思います。

上の子を満足させることもママのイライラ解消につながる?

公園
2人育児をする上でママがイライラしない為には、上の子にかかっているといっても過言ではありません。

私は一日一回は外出するようにして、上の子のエネルギーを発散させていました。主に公園に行っていたのですが、やはり行くのと行かないのでは全然違います。

意外とママの気分転換にもなりますよ。

詳しくは、「2人育児のタイムスケジュール!ママの負担を少なくするポイント5つ」に書いてあります。

人を育てるってとっても大変です。頑張っているからこそイライラはするものなんです。まず自分を褒めてあげてください。

そしてイライラが止まらないくらい大変なら旦那さんや家族に沢山甘えてください。

こんなに大変でイライラするのはずっとではありません、期間限定です。

そんなこんなしているうちに子供は成長して幼稚園、保育園に行ってくれるようになります。そしたら日中は1人の時間です。あと少しですよ。

この記事が少しでも参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする