転勤族の子育てが孤独すぎ!と悩むより子供と一緒に出かけてみよう


転勤族の子育てって孤独ですよね。見知らぬ土地で子育てしてるんですからそれは当たり前です。

私は転勤族で現在7歳の息子と5歳の娘がいます。今でこそ子供も成長し幼稚園や小学校のお母さんと交流ができるようになりましたが、それでも孤独を感じることは多いです。

一番孤独に感じたのが、子供が幼稚園に上がる前。自分が行動しないと誰とも交流を持てない期間です。まあ交流をもっても孤独に変わりないんですけどね。

でも、誰とも交流しないのは精神衛生上よくないって事で、子供を連れて色々と外出していました。最低限のおでかけは必要です。

ここでは私が一番孤独に感じていた時にどうしていたかご紹介したいと思います。転勤族の子育てが孤独すぎておかしくなりそうって方に少しでも参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク

転勤族の子育てはなぜ孤独?

孤独に感じる原因て主にこんな感じですよね。

・親兄弟が近くにいないので困ったときに頼れない
・この孤独な育児の大変さを分かち合えない
・気心知れた友達がいない

親兄弟が近くにいないので困ったときに頼れない

親兄弟と仲が良かった方は、転勤で離ればなれになって不自由を感じやすいと思います。私がそうでした。三人姉妹でいつも賑やかにワイワイやっていたので、突然ぽつんと1人見知らぬ土地にいるのが寂しくてどうしようもなかった。

また育児をしていると、「誰か助けて」というシチュエーションになることが多いんですよね。ママは常に子供と一対一ですからね。息が詰まるというか、これぞ孤独と感じる原因。親が近くに住んでいたらなーと思う事が何度もありました。

基本なにもかも全て自分でやる覚悟が必要。でも何もかもって無理じゃーって思うんです。必要最低限(生きるための家事・・・主に食事とか洗濯)の事だけやってあとは夫に任せていました。

でも自分が体調を壊した時は特に恐ろしいことに。育児が修行?に変わる時です。助けを呼べないママは常に健康でないとダメですね。無理ですが。

この孤独な育児の大変さを分かち合えない

転勤族の孤独な育児の大変さって他の人からは、なかなか分かってもらえないです。

1人目が生まれてから4か月位まで、転勤族が多い地域にいた時があります。その時仲が良かったママ友3人は全員転勤族。自分と境遇は一緒でなんだか分かり合える。しょっちゅう集まってはおしゃべりしていました。だからか寂しく一人で育児しているという感覚はありませんでした。ワイワイできる友達がいるだけでも気持ちが違うのですね。

現在は転勤族が少ない地域に暮らしているので、孤独さは感じます。やはり共感できる人がいるのといないのでは全然ちがう。暮らしている環境は大きく関係しているのですね。

気心知れた友達がいない

大人になってから気心知れた友達を作るのって時間がかかります。転勤で見知らぬ土地に引っ越してきて、さあすぐに信頼できる友達を作ろうったって無理です。

以前に友達付き合いがそこそこあった人にとってここがかなりネックになってきます。これが転勤族の妻を苦しめているのではないでしょうか。友達を作るのが得意って人はこんな事で悩むこともないのかもしれませんね。うらやましいです。

女性はおしゃべり大好きですからね。気心知れた友達とたくさんおしゃべりしたいのです。それが出来ないとなると。。。。かなり辛いですよね。

この「気心知れた」っていうのがポイントで、そうなるまでに無理してママ友作って気を遣ってばかりでは疲れてしまうので難しい所です。

でも、気心知れた友達って必要なんですよね。

転勤族のお友達を探そう

女性は共感命です。私もですが共感できるお友達が欲しいのです。という事はなるべく自分と同じ境遇の人・・・転勤族のママを探すのがおすすめ。

今住んでいるマンションに、以前まで転勤族の方が住んでおり仲良くさせてもらってました。境遇が一緒だとすぐ仲良くなれるのです。このママには本当に助けられました。

なんてったってこの転勤族の妻の大変さを本当に理解してくれるんです。お互いに愚痴っては励まし合い支え合っていました。ところがそのママはまた転勤で別の場所へ引っ越していってしまい、私の心にぽかんと穴が開いてしまいました。それだけそのママの存在は大きかったのです。

私は「子育て支援センター」によく通っていたのですが、ここにも転勤族のママがよく出没します。「子育てサークル」みたいな場所も良いかと思います。根気よく通っていれば転勤族のママとも仲良くなれることもありますよ。

転勤族のママが見つけられなければ、地元のママだって育児の大変さは分かり合うことができます。

私は「友達なんかいらない、一人でやってく」なんて言っていた時もあったんですが、なんだかんだ言ってお友達は必要です。

公園に行くのもおすすめです。初対面の子供同士が遊びだすこともあり、自然とママ同士もおしゃべりしたりってなりますよ。気が合えば携帯番号交換なんてこともありました。

子供がいるからこそ出かける場所がある

子供がいるからこそ公園だったり、子育て支援センターだったり他のママと交流できる場所にいける。これには感謝しました。

もし結婚して、子供が生まれていなかったら私はずっと一人だったかもしれません。子育ては大変ですがそれだけではない。。。。。出会いももたらしてくれます。

なので子供を味方につけてお出かけしちゃいましょう。毎日同じ場所に行ったっていいんです。私は「子育て支援センター」には一時、毎日行っていました。おかげで保育士さんとも仲良くなり楽しいひと時を過ごすことができました。

お出かけすれば一日があっという間ですので、孤独に感じる時間も少ないです。

2人育児のスケジュールについてこちらの記事に詳しく書いてあります。
2人育児のタイムスケジュール!ママの負担を少なくするポイント5つ

ちょっと子育て支援センターとか公園とか苦手って方は。。。

行きつけのお店を作ってそこへ行くっていうのはどうでしょう。スタバだっていいし、近くのカフェだっていい。ママ友でなくても誰かとたわいもない話をすれば寂しさは紛れるわ~って方にはいいかと思います。

私も実際行きつけのお店があり、行っては店員さんとたわいもない話をして帰ってくることがよくありました。子連れでカフェなどに行くと、子供好きな店員さんが話しかけてくれるのです。誰かとたわいもない話をするってかなり大事なんだと感じました。

親兄弟に電話攻撃もあり

親兄弟と離れているため、とにかくよく電話しました。毎日一時間なんて当たり前。育児って不安なことばかりなんですよね。それをいつも聞いてくれたのは親兄弟です。電話がなかったら生きていけなかったかも。本当に感謝です。

皆さんも困ったり悩んだら溜め込まず誰かに吐き出すことです。

子供が幼稚園に上がれば自然と交流ができる

誰かと交流を持ちたかったら自分で行動しないといけないのが、幼稚園にあがるまでの時期だと思います。子供が幼稚園に入れば行事などもある為自然と他のママと接する機会が増えて、孤独さも少しはなくなります。(注:全くなくなるわけではありませんよ。)

そして、自分に自由な時間が増えることにより行動範囲も広がります。息抜きに行きたい場所にも行けるので、多少気がまぎれます。なので本当に幼稚園にあがるまでが一つの山場でもあるのかなと思います。

実家に帰りたくなったら帰るのがおすすめ

実家ってやっぱりいい~あたたかさを感じる。ってことで「実家は帰れる時に帰る!」これにつきます。

私なんかはもう常に実家に帰りたいと思っていますので、いつでもその機会を狙っています。

以前「実家に帰るのってお金がかかるし。なるべくなら帰るのは控えておこう。」となぜかいい子になってしまい帰らない時期もありました。本当は帰りたいのに。。。。。どれだけ自分で自分を苦しめていたんだろう私。

でもこれはおすすめしません。「帰りたいのに帰れない。」という気持ちは負の感情が生れてしまい「みんなは実家が近くていつでも頼れていいな。」と他人をうらやむ気持ちが出てきてしまうのです。するとモチベーションが下がって、何もかもが嫌になってきてしまう時がありました。

逆に帰りたい時になるべく帰るようにすると「遠いなりに帰れてる。」という満足感が生まれ、転勤先でもまた頑張ろうという気持ちになるのです。なので時間とお金が許す限り、皆さんどんどん実家に帰りましょう。少しぐらいわがままになったっていいんです。

そうそう、実家に居たいだけいられるのも子供が幼稚園まで。小学校に上がるとそう簡単に帰ることはできなくなります。

転勤族の妻になってしまった限り、孤独とは切っても切れない関係になってしまいました。孤独ながらもどう上手くやっていくかが大事かなとつくづく思います。

私は結局は誰かと交流を持つしかないという結論にいたりました。人が集まる場所に1日1回子供と一緒に出掛けてみるのがおすすめです。

少しでもこの記事が参考になったら嬉しいです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする