専業主婦が夫に家事分担をお願いするのはおかしい?少しくらいいいよね

子育ての悩み

専業主婦だけど夫に家事分担してもらうのはおかしいの?とモヤモヤしているママさん。

いや、そんなことないです。ちなみにわたし、お願いしてます。

家事は基本、365日ついてまわりますからね。主婦だって、たとえわずかな時間でも休憩したいんです。

そうはいってもわたしは子供が産まれる前は家事分担してほしいとも思いませんでした。本当にそこまで苦にならなかったんですよ。

でもですね、子供が産まれてからというもの少しでも家事を夫に分担してもらわないと身体がもちませんでした。

私の場合、平日夫は朝早く帰りが遅いためワンオペ育児。なので平日家事を分担してもらうことは一切ありません。

本当は家事分担してほしいですけどね。物理的にできませんでした。

家事分担は主に夫がお休みの時です。夫も仕事が休みなので心苦しいのですが、快く引き受けてくれています。それだけでも救いです。

夫に家事分担してもらいたいけどおかしいのかなと疑問に思っている子育て中のママさん、この記事を読んでおかしくないんだという事を実感してください。

なんなら、この記事旦那様へ読ませてあげてください。

スポンサーリンク

専業主婦は休みがない?小さな子どもがいたら24時間営業中

専業主婦って暇って思われがちですよね。確かに子供が幼稚園、小学校と上がれば日中5時間程度は時間ができますが、それまでが超激務なんですよ。

私は子供が産まれてから下の子が幼稚園にあがるまで、ほとんど自分の時間なんてありませんでした。

1日のなかで自分の時間が確実に確保できるのが20分。子どもが昼寝すれば1時間とれればいいところ。

それ以外朝起きてから夜寝るまで、家事をしながら子供の要求に応え、時に泣かれ、時に飲み物こぼされ掃除、、、と、たえず動き回り息つく暇もありませんでした。

しかも、寝たと思えば夜泣きなどで夜起こされるんです。睡眠すらまともに取れませんでした。もう万年寝不足状態。

「ちょっとなにこれ、こんなに育児大変だって聞いてないよ聞いてない。」と何度思ったことか。

おかげで、年がら年中風邪をひき、風邪をこじらせ肺炎にもなりましたし、副鼻腔炎はしょちゅうでその後遺症で今も苦しんでいます。それくらい、育児は大変でした。

こんな状況で、夫が休みで家にいたら子供の面倒はもちろん、家事も少しは頼みたくなるわけです。

これで夫が何もしてくれない人だったら、わたしは倒れていたに違いありません。

スポンサーリンク

夫との家事分担内容:頼みやすい順

では、夫へ家事分担をお願いするのに頼みやすい順で・・・

1、ゴミ捨て
2、お皿洗い
3、洗濯物干し
4、掃除
5、買い物
6、ご飯作り

こんな感じでしょうか。

ゴミ捨て

ゴミ捨ては割と頼みやすいですね。ゴミ袋さえ玄関に用意しておけば、なんだかんだで捨てに行ってくれます。持っていってもらうだけにしておくことです。

普段のゴミ捨ては、夫が休みで家にいればお願いしています。1か月に2,3回ってところでしょうか。

月に1回くらい資源ごみなどを出しに行くのは自然と旦那の役割になっています。

お皿洗い

お皿洗いは、料理は作れないけどっていう旦那様にいいのではないでしょうか。

お皿洗いだけでもやってくれるだけで、負担は全然違います。

夕食後のお皿洗いをお願いしている間に、子供をお風呂に入れたり寝る準備をさせることができますし。

キッチンに立っている時間が減るというのは嬉しいんです。

洗濯物干し

洗濯物関係は、料理などのキッチンに立つ家事が苦手な旦那様におすすめです。干す以外にも取り込むのをお願いしたりできます。

今はほとんどお願いすることはなくなりましたが、洗濯物干しは子供がまだ赤ちゃんの時によくしてくれていました。

掃除

掃除機をかけてくれる旦那様はあまり聞いたことがありませんが、よほど部屋がやばい状況になってきたら頼むのもありですね。

わたしの夫は部屋があまりにも汚い時には、掃除機をかけてくれていました。

もう我慢できず掃除機出してくるみたいな。←むしろコレ(笑)

子どもが小さいと掃除機をかける時間もないんです。

でも、下の子が幼稚園にあがったら私に余裕ができ掃除機もまめにかけられるようになったので、最近はあまりやってもらうことはないです。

買い物

食材の買い物はたまーにお願いします。具合悪いときはもちろん、夫が出かけた際、何かのついでに買ってきてもらうこともよくあります。

ご飯作り

ご飯作りをお願いするのは一番ハードルが高いですね。よほど料理が好きな旦那様でないと気軽に頼めないかもしれません。

でも、簡単なものでも作ってくれたら助かりますよね。カレーとかチャーハンといった簡単な料理だっていいんです。

例えば、お総菜を並べてくれるだけでも助かるんです。

人に作ってもらう料理はどんな外食よりも美味しいです。

夫になぜ家事を分担してくれるのか聞いてみた

私の夫は割と家事をやってくれる方なのですが、なぜ家事をやってくれるのか気になったので本当のところを聞いてみました。

決して自慢とかではなく、こういう夫もいますというのを知ってもらいたくて。

夫「主婦だって休ませてあげたいから。」だそうです。

うちの旦那がなぜこんなに理解があるのかですが

ずばり結婚前に一人暮らしを10年していて家事が私よりできる&料理大好き。

家事の大変さも料理の大変さも痛いほど分かってくれているからなのだと思いました。

一人暮らししてた方は、料理や家事くらいどってことないよっていう人もいるかもしれません。

でもこれが育児と家事がミックスするだけでプラスじゃなく掛け算。大変さは10倍といっていいほどにもなります。

大変さを分かってくれない旦那様には、育児&家事を1日体験させてあげたいですね。

家事分担を引き受けてくれなければ子供の相手をしてもらう

ようは、子育て&家事が大変なので夫にはどちらかを担ってくれたら助かるわけですね。

家事がダメなら育児。お風呂に入れてもらう、遊んでもらうなど「こどもの面倒よろしく」ですよ。

旦那様、皆がみんな家事ができるわけではありませんしね。

私はたとえ自分が一日家事をしても、子供を外に連れ出してくれるだけで、めちゃめちゃ気分転換になりました。

まとめ

専業主婦が夫と家事分担はおかしいのかについて書かせていただきました。

結論おかしくないです。

早朝出勤、深夜帰宅の私の激務な夫もおかしくないと言ってますよ。

味方はここに2人もいます。

家事は365日しなければなりません。その中の何日かのうちの数分、休んだっていいですよね。

夫も仕事で大変ですが、夫だけ休みの日は丸まる一日休みっていうのはおかしいので、そこは負担にならない程度に分担していきたいですよね。

「家事ムリムリ~」という旦那様には、こどもの面倒をお願いしちゃいましょう。

この記事が少しでも参考になれば嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました