伊勢で美味しい手打ち蕎麦なら「柿右衛門」がおすすめ!出汁にも感動


伊勢に来てからというもの、柿右衛門の手打ちそばにはまって、家族で数えきれないほど行っています。どれも本当に美味しくて、センスの良いお蕎麦屋さんです。

私のおすすめのメニューなどご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

「柿右衛門」伊勢への行き方

伊勢神宮内宮と外宮を結ぶ道、御木本道路からぎゅーとら藤里店へ向かう道へ入っていき、ぎゅーとらを通り過ぎて500mちょっとで「柿右衛門」が右手に見えてきます。

【柿右衛門 住所】
〒516-0045 三重県伊勢市旭町366
TEL:0596-22-5050

建物向かって右手が駐車場になっています。満車の場合、邪魔にならないところで少し待てば前のお客さんが出てくるので入れ替えで車を停められますよ。

「柿右衛門」伊勢のメニュー!おすすめは天ぷら蕎麦

柿右衛門の蕎麦やうどんは手打ちです。毎日朝から準備されているようです。そばは小麦2割、そば8割の「二八そば」です。

そして蕎麦につける「つけつゆ」や、かけうどんの「かけつゆ」の出汁がとっても美味しいんです。とにかく魚の出汁が濃くて、初めて食べた時に感動したのを覚えています。

ざるそばを注文した場合、蕎麦湯を持ってきてくれますよ。
是非つゆに入れて飲んでみてください。


お食事メニューはこのような感じです。わりと蕎麦がメインな感じになっていますが、うどんも美味しいです。

天ぷら蕎麦

何回も訪れていますが、ほぼ毎回注文しているのが、「天ざる蕎麦」1,460円(税込み)です。

天ぷらもとっても上手に揚がってサックサクでやみつきになります。

天ぷらの具材は7、8種類乗っていたと思います。かなりボリュームがあります。季節によって一部の野菜が代わります。

上の写真の時は、海老一本、にんじん、ブロッコリー、えのき、なす、海苔、かぼちゃ。。。覚えているのでこんな感じです。もっと乗っていたらごめんなさい。

大盛は+380円です。上の写真は大盛です。

もえぎ(蓮台寺柿の葉蕎麦)天ざる蕎麦


1,620円(税込み)柿ようかん付き

蓮台寺柿の葉を使ったもえぎの蕎麦は夫がよく注文します。そこまで香りは強くなく、どちらかというと色を楽しむイメージです。

麺は葉のほんのりとした苦みがあります。本当にほんのりと。分かるか分からないくらいなので食べやすいです。普通のお蕎麦よりツルっとしていますよ。

上の写真は大盛です。(+380円)

牛肉うどん


1,100円(税込み)

あのコロッケで有名なお肉屋さん、「豚捨て」の牛肉にきのこ、ネギが入ったうどんです。うどんも歯ごたえがあって太麺で、手打ちで美味しいです。出汁が関西風で透明の出汁でした。つゆは全部飲みたくなるくらい美味しいです。

鴨なんば蕎麦


1,450円(税込み)

こちら普通盛りの鴨なんば蕎麦です。この間初めて注文したのですが、美味しすぎて感動しました。

冷たい蕎麦を温かいおつゆにつけていただきます。この「つけつゆ」が絶品で、炙った鴨の厚切りが数枚とネギが入っていてとっても香ばしいです。

平日限定15食の手打ち蕎麦・うどんランチは女性におすすめ


1,250円(税込み)
平日限定15食でランチがあります。結構売り切れていて食べられない事が何度かありました。こちらを食べたい場合は早めの時間に行かれるのをおすすめします。

ミニかき揚げ丼と、手打ち蕎麦かうどん(かけ・ざる選べる)が選べて、さらにサラダ、そば豆腐が付いています。

麺は通常サイズより少なめです。色々な種類を少量ずつ食べたい女性に嬉しいランチセットだなと思いました。

こちらのセット、麺類を1.5倍にしたい場合は、1,550円(税込み)で大盛にしてくれます。

ご飯ものの「てこね」と「たこわさびちらし」


てこねは土日祝日限定。300円(税込み)
娘が小麦アレルギーで、うどんなど麺類は量が食べられないのもあり、プラスして「てこね」をよく注文しています。

ミニサイズなのであとはうどん少し食べたら、5歳の娘にはちょうど良いみたいです。


300円(税込み)
こちらはこの前初めていただきましたが、たこわさと天かすってこんなに合うんだと新たな発見でした。美味しかったです。

美味しい手打ち蕎麦が食べたくなったら「柿右衛門」伊勢へ

柿右衛門はお蕎麦が美味しいのはもちろんのこと、天ぷらやお出汁、全てにおいて大満足です。

本当にセンスの良いお蕎麦屋さんです。柿右衛門のイケメンのご主人が感じよく迎えてくれますよ。

店内はお座敷席も4席ありますので、子連れでも行きやすいです。

お店の営業日は柿右衛門Facebookでご確認されてから行かれるのをおすすめします。

近くに来られた際にはぜひ訪れてみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする