【レゴ42065】を7歳息子に購入レビュー!動きは素早く大満足!

最近レゴにハマってきた7歳の息子に、「レゴ テクニック42065 RCトラックレーサー」を買ってあげました。こちらは完成後ラジコンとして遊べるので大喜びでした。

対象年齢9-13となっていますが7歳でも全く問題なく作れました。レゴの大きさもちょうど良く重量感もある感じで、楽しく遊んでくれています。これから購入しようという方に、参考になればと思いレビューします。

スポンサーリンク

「レゴ テクニック42065 RCトラックレーサー」セット内容はこちら

早速作ろうと思い箱を開けると、パーツが沢山出てきて「こんなにある!」と手ごたえありそうなボリューム感でした。パーツは370ピース。

箱のサイズは横38cm×縦26cm×幅6.7cmです。

パーツがこんなにあるのに子供一人で作れるか心配でしたが説明書を読みながら2日で完成しました。工程は1~100まであります。1工程が大きめに書かれているので本当に分かりやすい。7歳の息子でも1人で見ながら作ることができました。

私はこういったの苦手なので難しそうなバッテリーの配線などは、夫にやってもらいました。

こちらが完成形です↓

自分で作ったレゴが、ラジコンになってしまう訳ですから、完成した時のワクワク感はたまりませんね。作りながら「早く動かして遊びたい」って気持ちが息子から伝わってきました。

「レゴ テクニック42065 RCトラックレーサー」電池は別売り

組み立ては割とあっさりとでき、すぐに完成できてしまうので、レゴを購入と同時に電池も買っておくのがおすすめです。子供はラジコンをするのが目標なので、いざ完成した時に電池がないとワーワー騒ぎますので忘れずに。

・単三電池 6本
・単四電池 3本

単三電池 6本
こちら本体のバッテリーに付けます。蓋がスライド式になっているので手でずらして表と裏に三本ずつ入れます。

単四電池 3本
こちらはリモコンに使います。電池はドライバーで開けて入れるようになっています。

「きゃー、電池ってこんなに必要なの!?」と思った私。だって合計9本ですよ。やっぱり車を動かすってエネルギーがいるんですね。おもちゃですが。電池はすぐになくなりますので、なくなったときの為にも多めに買っておくといいですよ。

完成したレゴトラックレーサーが動かない!

完成品のサイズは、幅17cm×全長22cm×高さ11.5cmです。割とがっしりとしたイメージです。

早速ラジコンを起動させてみようと思っても、「動かないー!」と騒ぎ出す息子。私も「なんでか分かりませ~ん」とネットで調べたり焦っていたら息子、本体バッテリー部分にスイッチを見つけました。そちらをオンにしたら動きました。

まるで囲ったオレンジのつまみがスイッチです。左右に動かせてどちらかに動かすとスイッチが入り、円の中の右端のライトが緑に光ります。かなり小さなスイッチでぱっと見分かりませんでした。よく見つけたなというレベルです。

「レゴ テクニック42065 RCトラックレーサー」ラジコン操作は難しい?

こちらは難なくこなしていました。リモコン操作は単純なので、分かりやすく簡単です。説明書にも分かりやすく書いてあります。

主な動きは5つです。

・直進・後進
・右方向
・左方向
・右に回転(グルグル回るイメージ)
・左に回転(グルグル回るイメージ)

見た目からして、動きは遅めなのかなーなんて思っていたら、実際は「スピーディー&滑らかぁ~」に動きます。機敏です!ちょっと見た目とギャップがありました。息子はスイスイ前進・後退したり回転させたり、右行ったり左行ったりさせて楽しんでしました。料理をしていたら足に激突してきましたが、当たると若干痛い。。。。動く度にシャーっという音がして、いかにもラジコン操作しているといった感じです。

レゴの子供への影響は?

私が思うに、レゴって知育にとってもいいおもちゃだと思います。今回のレゴテクニック42065ですと、パーツも多いので組み立てるためには集中力がかなり必要となってきます。説明書を理解する力に加え、物の空間認識力も備わってくると実感しました。

空間認識能力とは、物体の位置・方向・姿勢・大きさ・形状・間隔など、物体が三次元空間に占めている状態や関係を、すばやく正確に把握、認識する能力のこと。

引用:Wikipedia

算数でいう、ブロックを使った問題などもそうですね。ブロックが沢山積み重なっていて、その数はいくつか答えなさいという、脳を使って物を立体的にイメージする力が必要な問題。レゴは組み立てていく際にこの能力が必要とされます。私は空間認識力があまりないため理解するのに時間がかかってしまいます。「えっと、これがこういう向きで、こっちがこう向いてるからこうで、あっ違った。」となってしまうんです。

息子は、一目でこことここにブロックを差し込めばいいとか分かります。昔からブロックが好きでよく遊んでいたので、自然と身に付いたのかな?大人が作るのを手助けしてあげるのもいいですが、慣れていないと私みたいに「頭を使ったなー!」ってなります。これだったら子供の脳にもいい刺激になるなーと感じました。

最後に

「これが本当にレゴ?」というくらい完成度の高いレゴブロックです。割と存在感のある大きさで迫力あるなという印象でした。動きも機敏で力強い!

対象年齢は9-16となっていますが7歳でも問題なくいけました。組み立ては7歳の子にはやりがいがあったのか、かなりの達成感だったようです。リモコン操作も簡単なので、子供だけで遊んでくれています。私は完成するまで「レゴがラジコンになるってどうな風に?」と想像できなかったのですが立派なラジコンが出来上がりました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする