たれ屋のクロワッサン餃子を一年待ちして食べたので口コミ!

たれ屋 クロワッサン餃子
お取り寄せ餃子で有名な、香川県にある「たれ屋」のクロワッサン餃子を注文していたんです。

その時は一年後に届くってことはまだまだだな~なんて思って一年たつのも早いもので忘れかけていた頃に届きました。

餃子が届いたのが2019年1月で、さらに記事を書いたのが一年後になってしまいましたが、、、、

早速口コミを書きますね。

これから購入してみようかお考えの方に参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク

たれ屋 クロワッサン餃子の口コミ

たれ屋 クロワッサン餃子 段ボール

商品はクール宅急便で届きました。白の段ボールにローマ字の「TAREYA」からスタイリッシュな雰囲気が漂います。

4人家族ですが、1セット50個×2で注文しました。なので計100個です。1年も待つんですからこれくらい注文しておかないとですよね。

1パック(25個)近所の人へあげて、3パック(75個)は家族でいただきました。

たれ屋 クロワッサン餃子 段ボールを開ける
中を開けるとこんな感じ。

たれ屋 パンフレット
焼き方のパンフレットや、定期購入についての紙が入っています。

段ボールの中のクロワッサン餃子
またまた高級そうなパッケージです。

たれ屋 クロワッサン餃子 パック
こちらが4つ入っていました。

クロワッサン餃子 パックを開ける
1パックは25個です。

なんといっても餃子が重なってない!きれいに一つ一つ離されて入れられています。ここにもこだわりが見られビックリです。このケースに驚いている場合じゃありませんね。

さて、原材料はというと・・・

【クロワッサン餃子(冷蔵)原材料名】
キャベツ、豚肉、背脂、ねぎ、ごま油、清酒、小麦粉、にんにく、塩、片栗粉、胡椒、乳化剤、還元水飴、調味料(アミノ酸等)

余計なものは入っていませんね。

クロワッサン餃子 タレ
たれ付きです。添加物などは一切入っていません。かなりポイント高いです。

たれ屋 クロワッサン餃子
早速、焼き方を読んで25個焼いてみました。やり方通りに焼いたら焦げ目が綺麗につきました。

たれ屋 クロワッサン餃子 たれ
付属のたれです。まろやかな優しいお味です。

クロワッサン餃子にタレを付ける
餃子にタレをたっぷりつけていただきます。餃子は小ぶりで食べやすい大きさです。

クロワッサン餃子の中身
餃子の中の具はこんな感じです。ぎゅうぎゅうに具が詰まっているのではなく、ふんわりと適量が入っているんです。

これがクロワッサンのようにサクサクとする皮ともちもちの皮がバランスよく合わさってとっても美味しい!

本当に素材の甘みも感じられて、こんなに優しい味の餃子は初めてでした。とにかくパクパクと後をひく美味しさです。

クロワッサンのようにサクサクとなっているのもあるし、お肉のジュワーっとした肉汁も合わさりで、結構なボリュームを感じられました。

決してあっさりタイプの餃子ではないです。こってりしているなと感じる方もいるかと思います。

といっても女性の私でも10個は余裕で食べられました。

クロワッサン餃子がまずいと口コミする方もいらっしゃるようですが、食べ物って人それぞれ好みもありますし100人が100人美味しいなんて事はないと思うんです。

これだけ全国的に有名になった「たれ屋のクロワッサン餃子」ですから、まずいと感じる人だっていると思うんです。

それ以上に美味しいと感じる人も多い訳で、私もその一人です。

私も「一年待ちの餃子ってどんな餃子なの!?」とかなり期待大でしたが、以外にも素材にこだわった優しい味の餃子ですので拍子抜けするかもしれません。

「ガツンと肉もりもり~!」って感じのインパクト大の餃子ではありません。サイズも小さめで一口でいけちゃうくらいです。

上品な餃子といってもいいかもしれません。

たれ屋のクロワッサン餃子は、とにかく「肉」、「キャベツ」、「皮」のバランスが素晴らしい。皮のサクサク感、キャベツのシャキシャキ感、お肉のトロッと感など食感も大切にしていますし、口にした時のトータル的なバランスを重要視して作られている印象でした。

たれ屋のクロワッサン餃子について

香川県にある「たれ屋」。以前は野外販売も行っていたそうですが、現在は通販のみで購入ができます。

数々のメディアで取り上げられて、話題となった「クロワッサン餃子」ですが、どんな餃子なのでしょうか。

2019年ではテレビ朝日の「ナニコレ珍百景」でも取り上げられていたみたいですね。

今回、餃子好きの私もテレビで見て美味しそうだったからという理由でクロワッサン餃子を注文したんです。

その他にも・・・

・ベストお取り寄せ対象2017 おかず・鍋部門 金賞3年連続受賞
・お取り寄せネットに掲載
・ネットショップ大賞 全国銘店賞受賞

という受賞経歴もあります。

さらにリピート率90%といいますから、これは食べたくなってしまいますね。

クロワッサン餃子は、お客さんがそう呼んでいたため付いた名前なんだそうです。

クロワッサンという響きから「サクサクとした餃子かな」というイメージですが、皮以外にも素材にとことんこだわって作られているんです。

<クロワッサン餃子のこだわり>
【豚肉】
十勝野ポークは一般の豚より甘み成分、とろける成分(リノレン酸)が一般豚より多いので 豚肉が口の中でとろける美味しさが味わえます。

【キャベツ】
時期によって常に異なる産地から仕入れる国産のものを使用します。糖度8~10%この数字はフルーツトマト、スイカと同等の甘さを意味します。

【ニンニク】
甘味が強く香りが良い最高級品、青森産ホワイト六片を使用。独自の製法で翌日臭いが残らない。

【ネギ】
讃岐で栽培されるネギは 香りが良く、雑味が少ないのが特徴です。

【料理酒】
料理酒は日本酒のなんと7倍ものアミノ酸が含まれています。黄金に輝き甘い香りを放ちますが、お肉に含まれるイノシン酸と結びつくと、異常と思えるほどに、肉の旨味が上昇します。

【皮】
サクサク感、もっちり感、香ばしさ、伸縮性を表現するために、四種類もの特性が違う粉を使っている。

引用:たれ屋HP

このようにコスト削減を考えない、本当に良い素材を集め美味しさだけを追求した餃子作りがされています。

社長の餃子へのこだわりが素晴らしいです。

家庭で餃子を作るにしても、ここまでこだわれないですからね。

現在2年待ち餃子となっているようですが、私が注文した際は1年待ちでした。

1年待ちでも注文したのを忘れるくらいですので、2年待ちなんて「いただきもの?」なんて思ってしまうかもしれませんね。

賞味期限について

賞味期限は製造日を含めて3日間です。製造日に発送されているそうなので、自宅に届いた時にはあと2日といった感じになります。

当日食べる分を除いて、届いてすぐに冷凍しました。

自体餃子が一つ一つ離れてパックされていたので、パックごと冷凍庫へ入れました。焼く時にも一つずつ取り出せて焼きやすくて助かります。

クロワッサン餃子の焼き方

クロワッサン餃子の焼き方パンフレット
焼き方は付属のパンフレットに載っていました。

クロワッサン餃子 焼き方
油はこの量でなど、イラスト付きで丁寧に説明してくれていますので、説明書通りに焼いてきれいな焦げ目がつきました。

<焼き方>
1、まずはフライパンを軽く温める
2、サラダ油を小さじ2を入れる
3、餃子を10個から20個フライパンに入れる
4、水またはお湯180mlを粉を落とすように入れる
5、水分がほとんどなくなるまで焼く

最初から最後まで中火です。焼き時間の目安は8~9分です。

パンフレットによりますと餃子をフライパンに並べる時は「餃子のおなかの平らな面が下」になるそうです。羽が横向きになるのが正しい置き方です。

え、これってどういう事?パックに入っている底がそのまま底になるんじゃないんですかね。違うのかな。

たれ屋のHPで焼き方の写真を見てみたらパックに置いてある底がフライパンに置く底ではなく、その横の部分がお腹になるそうで、そこを底にして置いていました。

なのでパックの置き方ではなく、倒してフライパンに置いてくださいね。

悲しい事に私はパックに入っている底を底としてフライパンに乗せて、羽が上になるように置いて焼いてました。それでも美味しかったですけど。

ひょっとして、ちゃんとお腹を底にして焼いていたらもっとサクサクしていたかもしれません。

クロワッサン餃子は通販で購入可能

クロワッサン餃子の購入方法は通販のみとなっています。初めての購入の場合、基本的に現在2年待ちだそうです。

たれ屋HPから注文するのが一般的です。

・50個1セットで2,650円(税込み)
(酢醬油、おろし酢醬油付)

一度に6セットまで購入できます。

ふるさと納税なら2~3か月でお届け可能です。ふるさとチョイスで購入可能です。

楽天市場でも購入可能です。ただいつでも購入できるわけではなく、楽天枠を設けて数量限定、期間限定で販売しているようです。

楽天市場から購入の場合は特別で、2週間~1ヶ月前後でお届けが可能です。(混雑状況によりもっと長くなる可能性もあります)

もちろん、楽天枠も人気でしょうからすぐに埋まってしまうかとは思いますが、狙ってみるのもありですよね。

入荷日を知りたいという方は「お気に入り登録」をするとメールマガジンで教えてくれます。

たれ屋のクロワッサン餃子は美味しかったのでおすすめです。ぜひ食べてみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする