ハワイ島最大の白砂ビーチ ハプナビーチをご紹介

ハプナビーチ
ハワイ島滞在4日目に白砂で有名なハプナビーチへ遊びに行ってきました。

青い空に青い海、白い砂浜と三拍子そろってとてもきれいな海でした。

早速ハプナビーチのご紹介と遊んだ感想も書いていきたいと思います。これから行かれる方に少しでも参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク

ハプナビーチってどんなビーチ?

ハプナビーチはハワイ島最大の白砂のビーチです。西海岸にあるとってもきれいな海で、それもそのはずアメリカのビーチ格付けで過去にはNo.1に選ばれ2017年から2019年の3年間では8位になりました。

もちろん水は透明度が高く綺麗です。ビーチ周辺は整備されているので海に入らなくてもボーっと景色を眺めに行くだけでも最高ですよ!

行く日にもよりますが、波が穏やかな時と高い時があります。遠浅の海ですので波さえ気を付ければ比較的安心して遊べます。

一番近くにあるホテルがウェスティン・ハプナ・ビーチリゾート(旧ハプナビーチプリンスホテル)です。客室からはハプナビーチが見渡せます。

ハプナビーチの場所・地図

ハプナビーチはコナ空港から車40で分程の場所にあります。

私たちが宿泊したワイコロア ヒルトンキングスランドからは車で15分ほどの距離でした。19号のママラホアハイウエイをまっすぐ北のプアコ方面へ走っていきます。

住所:Old Puako Rd, Waimea, HI 96743 アメリカ合衆国
TEL:+1 808-961-9540

19号を走る
19号です。この道をまっすぐ行きます。ワイコロアからですとこの道を10分程走ります。日本でこんな開けた道ってないですよね。この道が大好きです。

ハプナ・ビーチ・ロード
19号を走っていきハプナビーチに近づいてきたら左折してハプナ・ビーチ・ロードに入ります。左折すると先には海が見えてきました。

オールド・プアコ・ロード
500mほど走ったらさらに左折、オールド・プアコ・ロードへ入ります。茶色い看板には「HAPUNA BEACH」と書いてあります。

オールド・プアコ・ロード
オールド・プアコ・ロードへ入って100m走ると右が駐車場入り口です。

オールド・プアコ・ロード
ここを右折して駐車場へ行きます。

ハプナビーチの駐車場

ハプナビーチ 駐車場入り口
こちらが駐車場ゲートです。ここで車一台につき駐車料金5ドルを支払います。

駐車場の利用時間は7:00~20:00です。夜20:00までいらっしゃる方は少ないかと思いますが。。。一応頭に入れておいてください。

ハプナビーチ 駐車場
結構広い駐車場なのですが、12時過ぎに行ったらほぼ満車状態でした。

ハプナビーチ 駐車場
せっかく来たのに停められなかったら嫌だなと思いつつ、駐車場をぐるっと回って待機していると、ちらほら帰っていく人達もいたのでそこに停めることができました。

ハプナビーチで遊んだ感想

ハプナビーチ トイレ
駐車場から砂浜の方へ歩いていきます。駐車場の目の前にはお手洗いがありました。

着替えはというと、水着はホテルで着てから行きました。水着の上に服を着ていたので服を脱いで車に置いておきました。

ハプナビーチ シャワー
お手洗いの前にはシャワーもあるので、車に乗る直前に足を綺麗にできます。

ハプナビーチ 海へ向かう道
駐車場は高台にあるので砂浜までは歩いて下っていきます。ちらっと見える海が素敵です。

ハプナビーチ 海へ向かう道 
砂浜まで続く道の周りには木が沢山あって涼しかったです。木陰にベンチがあったので、子供と私たちが遊んでいる間おばあちゃんはこちらで待機。

ハプナビーチ 
砂浜にでました!人はちらほらといった感じ。ビーチが広いのもあって人の密度は低いです。

ハプナビーチ 砂浜
海から砂浜を撮った写真です。駐車場の混み具合から考えるとガラガラといってもいいくらいですね。

ハプナビーチ
ちなみに見ての通りビーチに日陰はありません。のんびりするならパラソルやビーチシートは必須です。

私たちは1時間ほど遊んで帰る予定でしたので、パラソルなどのレンタルはせずに、砂浜にはビーチサンダルや使わない浮き輪など置いて海へ入りました。貴重品は置いたらダメですよ。

ハプナビーチ
青い空と青い海、白い砂浜、三拍子そろってまさにリゾートです。ハワイらしい海で感激!!

ハプナビーチ
ウエスティン・ハプナ・リゾートが奥に見えます。こんな白い砂浜が目の前にあったらお部屋からの景色もきれいなんだろうな。

ハプナビーチ
この日は波がけっこうあったので、波打ち際は砂が巻き上がって透明度はあまり良くありませんでした。でも水はとってもきれい!

波が押し寄せる
波打ち際にいるとこんな風にバシャ―っとかかります。私、ヒーってなってます。

波打ち際
6歳の娘は波打ち際で浮き輪で浮いていたら高波にのまれて逆さまにひっくり返りました。私より近くにいた外人さんに助けてもらいましたが、ヒヤヒヤものです。子供は目が離せませんね。

子連れは波が高いときは注意が必要です。意外と波打ち際が危険です。

砂遊び
その後、娘は海には入りたがらず砂遊び。砂は目が細かくサラサラでした。

ハプナビーチのシャワー
ビーチから駐車場へ向かう道のところに無料で使えるシャワーがありました。たしか温水だったと思います。

ハプナビーチで食事できる場所

スリー・フロッグス・カフェ
駐車場から近くの場所に「スリー・フロッグス・カフェ」という売店があり、ここでハンバーガー、ラップサンド、ホットドッグなどの軽食がいただけます。ドリンクもあります。

こちらではビーチ用品のレンタルもあります。1つ10ドルでシュノーケル用品、ボディーボードやパラソル、チェアのレンタルができますので、一日のんびりと滞在される方は行かれてみてください。

こちらで昼食をとろうか迷いましたが海からもあがってしまったので、いったんキングスランドへ戻ってホテルでランチをとりました。「ハワイ島キングスランド ビストロ&ラウンジでランチしたのでレビュー!」に詳しく書いてあります。

まとめ

ハワイ島の白砂ビーチで有名な「ハプナビーチ」のご紹介をさせていただきました。ワイコロアへ宿泊された方は車で15分程と近いのでぜひ行かれてみてください。

ビーチに日陰はありませんので、一日ゆっくりするならシートやパラソルは必須かと思います。

波が穏やかな時はいいのですが、波が高い時もありますので子供には気を付けてあげてくださいね。

安心と思われる波打ち際が浮き輪をしていてもひっくり返ります。

とはいえ青い海に青い空、白い砂浜と本当に綺麗でのんびりできるおすすめの場所です。

ハワイ島の白砂ビーチといったらここ!というくらい気に入りました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする